ライフ

コロナは「ただの風邪」ではない 米研究では「2回以上感染で死亡リスク2倍」のデータも

日本では夏に入り新型コロナウイルスの新規感染者数が増加している(時事通信フォト)

日本では夏に入り新型コロナウイルスの新規感染者数が増加している(時事通信フォト)

 新規感染者数が拡大する一方、政府は新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけを「第7波」収束後に「2類相当」から見直す方向だ。世間でも「1度感染したからもう大丈夫」「ワクチンを打ったから、またかかっても軽症だろう」という空気が広がっている。が、そう弛緩してはならないようだ。

 2020年1月に国内初の感染者が確認されて以来、新型コロナの累計の新規感染者数は約1300万人に達した。

 ワクチンの3回目接種が進んだこともあり、感染を経験した人々の間には「また感染しても軽症ですむだろう」という空気も広がっている。

 だが油断は禁物である。都内在住の男性(45)は、「2回目のほうがキツかった」と語る。

「昨年6月に初めて感染しましたが、今年3月に3回目のワクチンを打って安心していたんです。しかし5月中旬に喉がイガイガして念のため検査したら再び陽性でした。39度の熱が3時間ほど出て、解熱剤を飲んだら収まった1回目の感染と比べて、2回目は38度の高熱が数日続いた上、夜中に喘息の発作のような咳が出て焦りました。幸い悪化はしませんでしたが、正直、2回目のほうが症状はひどかった。2回感染後には、嗅覚が昔と比べて鈍感になった気がします。複数回感染した場合の後遺症の情報はまだ見当たらないですし、本当に大丈夫なのかなと不安があります」

 今年4月に2回目の感染をしたお笑い芸人の東貴博(52)も自身のブログで〈前回は全くの無症状 今回は声枯れと微熱〉と2度目の症状のほうが重くなったことを報告している。

 第7波の感染爆発により多くの人の再感染が現実味を帯びる中、医療関係者が注目する研究がアメリカで発表された。

 米セントルイス・ワシントン大学のジャド・アルアリー博士らの研究チームが米退役軍人省の医療データベースを用いて分析したもので、コロナに1回だけ感染した約26万人、2回以上感染した約3万8000人の健康記録を未感染の約530万人のデータと比較した。

 その結果は、コロナに2回以上感染した群は1回だけ感染した群と比べ、直近の感染から6か月以内に死亡するリスクが約2.1倍、入院するリスクが約3倍高くなった。さらに後遺症を抱えるリスクも約1.8倍高くなったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン