芸能

夏菜、出産後復帰初ドラマで主演 猛暑の撮影でスタッフに声かけ続ける気遣い

『個人差あります』(フジテレビ系)で主演を務める夏菜

『個人差あります』(フジテレビ系)で主演を務める夏菜

 8月6日から始まるドラマ『個人差あります』(フジテレビ系)で主演を務める夏菜(33)。今年3月に第1子となる女児を出産したばかりの夏菜にとって、復帰後初ドラマ出演となる。

 同作は突如、性別が変わってしまう「異性化」に翻弄される夫婦を描く異色の内容。夏菜は突然頭痛に襲われた後、体が女性になってしまう夫役を演じている。

 7月初旬の正午前、都内の某所で同作の撮影をしている夏菜をキャッチ。共演者の男性俳優と公園内の歩道を2人で歩くシーンを繰り返し撮っていた。この日は晴天で30度を超える真夏日。撮影の待ち時間は日避けの傘をさし、うちわや小型扇風機でスタッフらが夏菜をケアするなど熱中症対策を徹底していた。居合わせた人が言う。

「立っているだけでもしんどいほどの暑さだったのですが、夏菜さんは待ち時間にスタッフの方に気さくに話しかけたり、台本を真剣に読み返したりしていました。過酷な環境下でも暑さを微塵も感じさせず、周囲の人に向けて笑顔を絶やさないところに『女優魂』を感じました」

 同作に関しては、自身のインスタグラムで〈このお話、実はかなり深い愛の話なのです。皆さんの固定概念をぶっ壊すドキッとする作品になっております! わたしもこのドラマに参加してから概念壊されまくってます!笑〉と綴っていた夏菜。ドラマ復帰作に並々ならぬ熱意を注いでいるようだ。芸能関係者はこう話す。

「夏菜さんははじめこそトントン拍子で人気ドラマへの出演などが決まったものの、一時は100本以上受けたドラマや映画のオーディションに軒並み不合格となり、仕事がほとんどなかった時期もある。生活費を稼ぐため、実家近くの大型商業施設内のアパレルショップで数年間アルバイトをしていた苦労人です。

 その分、今では与えられた仕事に対して常に真摯に向き合い、スタッフと一緒に良い作品作りに取り組んでくれると評判だそうです」

 第1子を出産した際には、自身のインスタグラムで〈母性が爆発した毎日を過ごしております。出産は夢のような時間で、痛みはもちろんあるけれど私はとても楽しかったです。。これからの毎日を、毎秒大切に生きていきたいなと思います〉と綴っていた。育児と仕事の両立に奔走する日々は続きそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン