スポーツ

東京ドームのスタンドで目立つ空席 「巨人ファンが原監督から離れている」の指摘

試合途中で帰路につくファンも見られる(時事通信フォト)

試合途中で帰路につくファンも見られる(時事通信フォト)

 巨人ファンから、逆転優勝を望む声が聞こえなくなってきた。首位・ヤクルトと13・5ゲームの大差をつけられ、借金5と低迷している現状を考えるとやむを得ないだろう(数字は8月5日終了時点)。戦力を見るとCS進出も危うい。苦しい状況の中でさらなる追い打ちに見舞われた。7月下旬から新型コロナウイルスに選手、首脳陣、チームスタッフら計81人が感染。球宴前後の計6試合が延期となった。

 8月2日の阪神戦(東京ドーム)から再開し、陽性判定を受けた岡本和真、丸佳浩ら主力がスタメンに名を連ねたが万全のコンディションではない。 スポーツ紙デスクは、チームの現状をこう語る。

「元々ウィークポイントだった救援陣が特に厳しい。守護神・大勢を欠き、勝ち試合のセットアッパーを担える人材も少ない。巻き返しに向けて大型連勝しなければいけませんが、このままでは借金がかさむばかり。原辰徳監督も頭が痛いと思います」

 チームが緊急事態であることを物語っているのは、驚きのコーチ人事だった。球団OBの高橋尚成氏が臨時投手コーチに就任することが8月2日に発表された。期間は8月20日までで、主に2、3軍の選手を担当するという。春、秋のキャンプで臨時コーチを招聘することはあるが、シーズン中の抜擢は極めて異例だ。 巨人を取材するスポーツ紙記者は、高橋臨時コーチを登用した狙いについてこう分析する。

「2、3軍からイキの良い投手を1軍に送りこめていないのが一因ではないか。1軍で実績のある高橋優貴、大江竜聖ら左腕も伸び悩んでいる。日米6球団を渡り歩いた尚成さんの経験と実績を買って抜擢したのでしょう。指導経験がないことが不安視されていますが、原監督は第3次政権で就任した2019年にプロ野球界から長年離れていた元木大介氏、宮本和知氏、2020年に桑田真澄氏をサプライズ入閣させた経緯があるし驚きはないですね。尚成さんは来季に正式にコーチ就任する可能性もあるでしょう」

 チーム再建に向けて必死に手を打つが、気になるのは巨人ファンの熱が低く感じられることではないか。逆転優勝を信じるファンもいるが、SNS上では「巨人ファンだけど今の戦いぶりで応援する気になれない。行き当たりばったりの起用法でチームをどう強くするのかビジョンが見えない」「チームを一度解体するべき。今年はCSに行かなくてもいいから若手を起用してほしい」など、原監督の手腕に対して厳しい声が多い。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン