芸能

イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)

デザインした服が多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)

 悲しみはファッション界のみならず、芸能界にも大きく広がっている。亡くなった世界的ファッションデザイナーの三宅一生さん(みやけ・いっせい、本名・かずなる、享年84)がデザインした服は芸能人にも多くのファンがいた。コラムニストで放送作家の山田美保子さんが三宅さんの服を愛した芸能人たちの秘話について綴る。

 * * *
 ファッションデザイナーの三宅一生さんが5日に肝細胞がんで亡くなっていたことがわかった。

 1971年にスタートしたブランド「イッセイミヤケ」は、ニューヨークでコレクションを発表。1973年には、初めてパリコレに進出し、プレタポルテを発表した。それまでの服作りの概念を覆す「一枚布から服を仕立てる」という発想と技術で、国内はもちろん、世界でも大きな話題となった。なかでも1988年に発表した「プリーツ」を発展させ、1994年の春夏コレクションから単独ブランドとしてスタートし、後に代表作となった「プリーツプリーズ」は、軽くてシワにならず、水洗いもできる機能性と着心地の良さで、大人の女性にファンが多い。「暮らしの中で生きてこそ、デザインの存在価値がある」という三宅一生さんの考えを実現させた同ブランドは、芸能界でも大人気。近年、美輪明宏の衣装は100%、「プリーツプリーズ」だったのではないか。

 年末年始号の婦人誌で表紙を務めるときや、一時期、ケータイの待ち受けにすると金運や恋愛運がアップすると言われた画像のイエローゴールドやピンクの衣装は「プリーツプリーズ」。さらには2012年の『NHK紅白歌合戦』で『ヨイトマケの唄』を歌ったときも、上下、黒の「プリーツプリーズ」だった。

 文字通り、細かいプリーツが全身に施され、暖色から寒色までの一色使いもあれば、シーズン毎に異なる柄モノも発表された。1本の糸から素材を開発し、縫製した後にプリーツをかける「製品プリーツ」なる手法。デザインも多岐にわたっていたし、インナー、アウター、ワンピース、スカート、パンツからスカーフまで、さまざまなアイテムが揃っているので買い足して、それぞれを合わせてもオシャレに仕上がる。

 大人の女性にとって魅力的なのは、プリーツ素材ゆえ、どんな体型をも優しく包み込み、たとえ、ふくよかな身体のラインが出たとしても、エレガントに見せてくれたことだ。そして、くるくる丸めると驚くほどスペースをとらないため、旅先に持参するのにも重宝。華やかな色を選べば、フォーマルなディナー用の服にもなった。

旅番組の出演者やコメンテーターにも

 筆者は以前、野際陽子さんと中井美穂がMCを務めた『旅の香り』(テレビ朝日系)の構成を担当していたのだが、その際、“旅人”の女優らがボストンバッグやスーツケースにしのばせていたのも「プリーツプリーズ」だった。組み合わせや重ね着することによって、カジュアルにもドレッシーにもなる「便利な服」と女優たちは口を揃えた。

美輪明宏

美輪明宏もイッセイミヤケのファン

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン