国内

「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」

吉川議員の名刺を手にする女子大生

吉川議員の名刺を手にする女子大生

 日本を騒がせた吉川赳・衆議院議員の18歳女子大生との「パパ活飲酒」問題。週刊ポスト取材班の直撃後に沈黙を貫いてきた女子大生・Xさんが、今回、あらためてインタビューに応じた。本誌独占の120分インタビュー、第1回でXさんは「吉川議員が18歳という年齢を知っていたこと」「愛人契約を持ちかけられたこと」を明かした。続けて、2人が焼き肉店からホテルへ移動した時のことについて話が及んだ。【全3回の第2回。第1回から読む】(聞き手:ジャーナリスト・赤石晋一郎)

 * * *
──汐留の焼き肉店からお台場に向かうタクシーの中ではどんな会話をしましたか。

「吉川さんは『ニーハイ(膝上まである靴下)、久しぶりに見た!』とテンションが高い様子でした。『初デートだしバーで飲もう。グイっと行かないと』とも言われました。そうしたら、吉川さんの携帯に電話がかかってきて、どこかの議員がコロナにかかったという話をしてました。吉川さんは『チューとか濃厚セックスでもしたんだろ!』とか大きな声で話していて、本当に下品でした。国会で吉川さんが許されているのも、きっと同じようなことをしている議員がいっぱいいるんだろうな、と今改めて思いますね」

──なぜ、お台場ではバーではなくホテルの部屋までついていったのですか。

「コロナのせいかバーが休業中で、吉川さんが『部屋で飲もう』と言い出してチェックインしました。私もつい、ついていってしまった。これが普通の人なら、絶対について行かないのですが。相手は無名とはいえ国会議員だし、下手なことはしないだろうと思っていました。私も好奇心が強い性格なので、議員がどんなことを話すのか、興味がありました。でも、結果的にはつまらない人でした……。吉川さんにはどうして議員になったのか、日本を変えたいという思いがあるんですか? とかも聞いたのですが、『特にない』といった答えで……」

部屋で1時間半ほど過ごしてホテルを出る2人

部屋で1時間半ほど過ごしてホテルを出る2人

──ホテルの部屋の中ではどういう展開になったのですか。

「吉川さんが『ルームサービスで酒飲もう』と言い出して、お酒を注文し始めました。そして唐突に言われたのが『エッチしていいの?』という言葉でした。私は経験がないからと拒否したのですが。すぐにシャワーを浴び始めて、湯舟を溜め始めていました。経験がないと何度も言ったのですが、構わず『なんか抱きたくなってきた。変に下手な奴とするより、俺のほうが痛くないだろう』とか食い下がってきて。あまりにしつこくて、部屋に来たことを後悔しました」  

──吉川氏と滞在したホテルの部屋で起きた出来事について、どう感じていますか。

「気持ち悪かったし、本当に嫌な気持ちになりました。議員がそういうことをするのかというのも驚きでしたし、吉川さんはそういう趣味の人なのかとも思いました」

──週刊ポストの直撃取材に、ホテルの中で吉川氏にされたことを少し答えていましたが、改めてどういうことをされたのでしょうか。

「抱きつかれて服を脱がされました。私も断るのが苦手で強く拒めなくて。やめてくださいとは何回も言ったのですが、吉川さんは『オッパイとか揉んじゃうのはいい?』と、どんどんエスカレートさせていった。胸まで舐められて……。私も焦ってしまって過呼吸になってしまって……どうしていいかわからず。

『年の差があるから、お小遣いしかないじゃん』とも言ってきて、お金を提示してまで関係を持とうともしてきました。私が迂闊だったと、すごく後悔しました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン