芸能

『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…

小澤征悦は15歳の徳川家康役

 King & Princeの永瀬廉が主演するドラマ『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』(日本テレビ系)。戦国武将のクローンがバトルを展開するエンタメ系ドラマ。コラムニストで時代劇研究家のペリー荻野さんはどう見たか。ペリーさんが解説する。

 * * *
 学園ドラマなのか、SFなのか、はたまた歴史エンタメなのか、「そうか、なんでもアリなのね」と納得してしまった『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』。

 物語の舞台は、2122年。歴史オタクの科学者が、戦国武将のクローンを世に送り出し、15歳になった面々はなぜか「銀杏高校」特進クラスに集結した。やがて彼らは、学園で最強の者を決める「旗印戦」を開始する。

 びっくりするのは、その武将を演じる俳優陣。どこか冷めた表情でいつも干し柿をかじる織田信長の永瀬廉、知恵者でおしゃべりな豊臣秀吉の西畑大吾には青春ドラマモードを感じるが、ナルシストっぽい伊達政宗(三浦翔平)、金髪パーマの武田信玄(満島真之介)、常に策を考えていそうな黒田官兵衛(濱田岳)、やたら強気の井伊直正(駿河太郎)も同級生なのである。

 全員目つきが鋭く、怒りっぽい。そして、第二話で、現れたのが徳川家康。乗用車かと思うような巨大な黒いバイクで登校し、廊下の真ん中をのしのしと歩くのが、いったいだれかと思ったら、小澤征悦! もちろん黒ひげもバッチリ! どんな15歳なんだよ…。おまけにこの家康は、クラスメイトを「クズ」と呼び、自分が倒した信玄に「靴を磨け」なんてことを言う。あれれ? 歴史でよく知られている家康像とは全然違うんですけど?

 イメージが違うと言えば、信長もなかなか。学校で飼育しているニワトリに「鳴くのだ!」と命令する信長。クラスの紅一点で武将に詳しい日下部みやび(山田杏奈)は、「鳴かぬなら殺してしまえ」が信長の方針ではとニワトリを心配していると、なんと信長は「コケコッコー!!」と俺が鳴いてしまった。

 毎回、驚愕したり、カックンとなったりであっという間にドラマが進行。現在、48歳の小澤が新入生と言われても納得してしまう。さすが未来。

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン