芸能

橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか

橋本愛(時事通信フォト)

多面的な表情を見せる橋本愛(時事通信フォト)

 もはや視聴率だけで作品の質を議論するのはナンセンスだろう。数字が奮わないからといって面白くない、わけでもない。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が分析した。

 * * *
「爆死」などと報じられているのが、脚本家・遊川和彦氏が手がけるオリジナルストーリー、『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系 水曜午後10時)。第三話が5.4%と視聴率が右肩下がりだからか、人気の脚本家に注目が集まるゆえか。たしかに『家政婦のミタ』の最終回視聴率は40%。しかし、あのお化けドラマと比べてしまうのは詮ない。

 今回のドラマの主人公は、伝説の家庭教師・トラコこと根津寅子(橋本愛)。「100%希望の学校に入れる」家庭教師として名を知られ、親たちは何とかして我が子を指導してもらおうと願う。しかし、トラコの風変わりすぎる指導に拒絶反応を示し途中脱落していくケースも多い。

 そのトラコが、年齢も問題もバラバラな3つの家庭の3人の子どもを担当することになったところからドラマは始まりました。

 クセの強い主人公です。風変わりな女性が突如、家庭内に入ってきて問題を抉り出し過激な方法で再生していく--ちょっと筋立てを聞くと『家政婦のミタ』を連想してしまい、共通の匂いを感じてしまう。

 喰わず嫌いというのか、既視感か。色眼鏡をかけて第一話を見た視聴者も多いかもしれません。「ああ、またこういう雰囲気ね」「わかったわかった」と納得しそのまま離脱してしまった人もいるかも。何を隠そう、私自身がその一人でした。

 しかし、橋本愛さんが気になる。何をしでかすかわからない不可思議な魅力を纏った役者さんで、秘めたるポテンシャルが爆発しそう。ドラマ好きとしては関心が捨て切れず、改めて第二話、第三話、第四話を見てみて、なるほどそういう物語だったのかと合点したのです。

 このドラマは、どうやら「3D」構造をしているようです。

 家のように立体的に構成されていて、目の前の部分だけ見ても全体像はよくわからない。例えば玄関や窓の形だけ見ても、家全体の個性がよくわからないように。

 しかし、様々な部屋へ入ったり上から俯瞰したりすると設計者の狙いや味わいがわかってくる。このドラマも複数回を続けて見ることで、やっと狙いが見えてきました。

 例えば、第一話は「分かんない」、第二話「しょうがない」、第三話「すごくない?」。3つの言葉がキーになり展開していきました。すべてがトラコの「嫌いな言葉」であり、口にする子どもたちを変えていこうとする。さらに第四話では「心配ない」という母親の言葉が問題となっていました。

 物語を進めていくための「道具」も風変わり。第一話は1万円、第二話は5000円、第三話は20万円。「お金」という道具を使いつつ、「本当に価値のある行為とは何か」ということを考えさせようという深いテーマ性と構成がある。

 しかし、日本のドラマではこうした立体的な構成の脚本は少数派のためか、なかなか大衆の心を掴むのが難しい。一方でうまくハマるとブレイクするのが遊川氏の作品なのでしょう。

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン