スポーツ

巨人・中田翔絶好調で坂本勇人の一塁転向は白紙か 「外野にコンバート」の可能性

中田翔には様々な意見が(時事通信フォト)

巨人ファンからはSNSで「お前が必要」との声があがる中田(時事通信フォト)

 巨人・中田翔がここにきて絶好調だ。8月10日の中日戦で同点の9回2死から守護神のライデル・マルティネスのナックルカーブを左翼ポール際へ。13号決勝アーチで戸郷翔征のプロ初となる2ケタ勝利をアシストした。翌11日からは不調の岡本和真に代わって第91代4番打者に起用されている。

 崖っぷちからはい上がった。移籍2年目の今季は打撃の状態が上がらず、6月6日に2度目の登録抹消された際は打率.215、5本塁打、20打点。今季限りでの「退団危機」も囁かれる中、10日後に1軍昇格すると復活した。バットを短く持ち、逆方向を意識した打法にシフトチェンジして快音を連発。2か月で打率は3割目前まで上昇し、14本塁打とアーチも量産している。

 スポーツ紙記者は「状態が良くなったのではなく、打撃が明らかに変わった。昔はどんな球も振り回していたが、今はインサイドアウトの軌道でボールを内側から叩こうとする意識が見える。コンタクト率が上がったことで三振数が激減し、甘く入るとスタンドに運ばれる。投手からすると厄介ですよ。打撃不振の岡本に代わって4番に抜擢されるのも当然でしょう」と評価する。

 打撃だけではない。中田は一塁の守備でも貢献度が高い。身のこなしが柔らかく、ハンドリング技術が優れているのでショートバウンドも難なく処理する。内野手は安心して送球できるだろう。一塁の定位置を若手成長株の増田陸、ベテランの中島宏之と競っていたが、攻守で活躍する中田が外せない存在になっている。

 中田の復調は明るい材料だが、一方で新たな悩みも。腰痛で戦列を離れている坂本勇人の「コンバート問題」だ。不動の遊撃手として長年活躍してきたが、今年は左内腹斜筋筋損傷で開幕1軍メンバーから外れると、5月に右ヒザ内側側副靱帯損傷で1か月以上戦線離脱。7月に腰痛で今年3度目の故障と満足に試合に出場できていない。攻守で衰えを感じさせないプレーを見せているが、遊撃の守備は体に大きな負担が掛かる。33歳という年齢を考えると、他のポジションへのコンバートも現実味を帯びてくる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト