芸能

大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配

宮古島(時事通信フォト)

宮古島は大野にとって特別な場所だという(時事通信フォト)

 まばゆいほどの白い砂浜と、眼前に広がるコバルトブルーの海──日本屈指の景勝地として知られる沖縄・宮古島で、ある宿泊施設の建設が着々と進められている。島の一角にそびえ立つ要塞のような建物は、来年1月に竣工予定の巨大リゾートホテルだ。

「設計を手がけたのは島に住む一級建築士。大きな窓から空と海、亜熱帯の樹木が見える自然と融和したデザインで、180度オーシャンビュー、バルコニーの先には『インフィニティプール』と呼ばれる目の前の海とつながっているように見えるプールが設置されているといいます」(地元不動産関係者)

 現地の工事現場の掲示板に、施主として記載されている会社は、東京に本社を置くX社。実は、同社は2016年4月に嵐の大野智(41才)が設立したレジャー会社である。2020年12月31日をもって活動休止に入った大野だが、宮古島から予期せぬ近況が聞こえてきた。

 大野にとって宮古島は特別な場所だという。

「ジャニーズJr.時代、仕事でこの島をはじめて訪れた大野さんは、南国特有の雰囲気と海の美しさに惚れ込み、宮古島の魅力にどっぷりハマっていました。周囲にも『ハワイより好き』と語り、デビュー後も多忙なスケジュールの合間を縫って、休みが取れるたびに島を訪れるようになったのです。

 現地でも、漁船で沖に出て巨大なまぐろや食用魚のタマンなどを釣る姿が話題になっていましたが、都会ほど騒がれることもなく、リラックスして過ごせることが何よりうれしかったといいます」(大野を知る島民)

 島に通ううち地元の漁師やプロアングラー(釣り師)とも顔なじみになった大野は、いっそう釣りにのめり込み、バラエティー番組の企画を利用して二級小型船舶免許も取得している。

「国民的アイドルとして多忙な日々を過ごしていた大野さんにとって、宮古島でのんびり釣りをしたり、絵を描いて過ごす日々はかけがえのない癒しの時間だったといいます。東京に戻ってからも『島に住みたい』と口癖のように言っていました」(大野の知人)

 5年ほど前には、島の中心部に一戸建てを借りて、住んでいたこともあったという。その借家を拠点に大野は釣りを楽しむ一方で、移住の候補地となる手頃な土地を探し始めた。いまも手つかずの自然が残る島の一角に、X社が1200坪の広大な土地を購入したのは2017年。前出の不動産関係者が語る。

「新型コロナの感染が拡大する前、宮古島には国内外から年間100万人以上の観光客が訪れていました。宿泊施設が不足していることにホテル業界が目をつけ、近年は外資系企業も進出。建設ラッシュが始まると、島の地価が10倍から場所によっては500倍近くまで跳ね上がり、バブルの様相を呈していました」

 サンゴ礁でできている島の大半は国の自然保護区域に指定され、建ぺい率も厳しく制限されているため、外部の人間が土地を買うことは容易ではない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン