芸能

あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作

あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う

出産の2か月前に投稿されたインスタ

 前夫である格闘家・才賀紀左衛門(33才)と長女・Aちゃん(7才)をめぐって対立するタレントのあびる優(36才)が、2021年2月に第2子女児を極秘出産していたことがわかった。

 あびると才賀は2019年末に離婚し、当時4才だったAちゃんの親権は才賀が持つことになった。あびるが親権者変更と引き渡しを求める調停を申し立て、2021年2月12日に東京家裁がAちゃんの親権をあびるに変更する決定を下した。しかしAちゃんは才賀との生活を続けており、あびるが彼の《モラハラDV》と《Aちゃんの違法連れ去り》を『週刊文春』で“告発”するなど、双方の言い分が真っ向から食い違う状態が続いている。

 そんななか『女性セブン』の取材で判明した第2子・Bちゃんの極秘出産。現在、1歳になるBちゃんは、才賀とは別の男性との子だという。

「あびるさんは妊娠中から、Aちゃんの親権を勝ち取るまでは、才賀さんはもちろん、世間にBちゃんのことを絶対に知られてはいけないと話していました。離婚して1年以上経っていたので、戸籍上の問題はないはず。それでも、彼女は調停が不利になると考えたのかもしれません」(あびるの知人)

 Bちゃんは、福岡県のあびるの母方の実家に預けられており、あびるとは一緒に暮らしてないという。

「出産後、Bちゃんを実家に預けたのも『調停で不利になってはいけない』という考えからなのでしょう。ただ、調停が終わってからも一緒に暮らしていないのは不思議ですが……。Bちゃんの父親とは籍を入れず、認知もしてもらってないといいます」(前出・あびるの知人)

 なお、あびるの所属事務所ホリプロはこの件について「出産は事実ですが、それ以上のプライバシーについてはお話しできません」と回答している。

 あびるは出産の時期にあたる2021年2月前後も、SNSをいつも通り更新し、私生活に変化があるそぶりは全く見せなかった。

「彼女は出産前後でも、こまめにInstagramに写真を投稿していました。その頃に出産していたと言われてみれば、たしかにダボッとした服装やバストアップの写真が多いような気もしますが、彼女が妊娠中だと気づいたファンはいなかったのではないでしょうか。もともとスレンダー体型なのと、冬服の時期だったので、それほどお腹まわりが目立たずに済んだようです」(芸能記者)

 SNSからは妊娠・出産した様子は全く見られないが、実はこの時期、あびるは唯一のレギュラー番組を休んでいた。

「テレビ埼玉とチバテレビで放送されている通販番組『ガールズハッピースタイル』にあびるさんはレギュラー出演していますが、2021年1月~3月の放送をまるまる欠席していました。もともと出演者がそこまで固定されておらず、あびるさんも毎回告知しているわけではないため、欠席が続いていることに気づいた人は少ないようですが……。ちなみに、準レギュラーである『アッコにおまかせ!』(TBS)も2020年9月を最後に出演していません」(テレビ局関係者)

 第2子の存在を隠し続けたあびる。徹底した極秘出産に、Aちゃんを取り戻すための覚悟が垣間見えるようだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
イメージカット
ラーメン店での「イヤホン論争」の無駄な盛り上がりに何を学ぶか
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
UFO議連の会合に臨む小泉進次郎氏(写真/共同通信社)
超党派議員89人が「UFO議連」を立ち上げ 小泉進次郎氏は「横須賀で目撃報告が多いと聞いている」 安全保障上の脅威として議論が俎上に
週刊ポスト
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン