芸能

嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か

King&Princeメンバーが語ってくれた

嵐の今後はどうなる?

「何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」。5年前の夏、嵐のリーダー・大野智(41才)は4人のメンバーにそう告げた。2020年12月31日をもって活動休止に入った大野は、ジャニーズJr.時代に訪れた宮古島に惚れ込み、5年ほど前には島の中心部に一戸建てを借りて住んでいたことも。現在はA氏というビジネスパートナーが取り仕切り、宮古島でのリゾートビジネス計画が進行している。

 大野以外の嵐のメンバーは、いまもそれぞれが順調にソロ活動を続けている。

「櫻井翔さん(40才)はニュース番組のキャスターやMCとして仕事の幅を広げ、松本潤さん(38才)は来年のNHK大河ドラマ『どうする家康』の主演を控えています。メンバーでいち早く結婚してパパになった二宮和也さん(39才)に続いて、先頃相葉雅紀さん(39才)の奥さんが妊娠していることも報道されました」(芸能記者)

 一方で、大野は公の場に出ることなく、自ら望んだ「自由な生活」を謳歌している。昨年11月3日、嵐のデビュー記念日に行われたコンサート映画の舞台挨拶に4人のメンバーが久々に集まったときも壇上に大野の姿はなかった。

「メンバーとは頻繁に連絡を取り合っているようで、舞台挨拶でも『元気に生きてますのでご安心を』という短いメッセージが読み上げられました」(前出・芸能記者)

 とはいえ、嵐の5人が再び集結する日を期待するファンは少なくない。今年1月、『中居正広の金曜日のスマイルたちへSP』(TBS系)に出演した松本は、中居正広からグループ活動の再開について聞かれ、こう答えた。

「いつということは明言していないので。できる環境が整ったら(再開)する。でも、ドライな言い方かもしれないですけども、確約はないという状態ですかね」

 大野にとって嵐は、四半世紀を共に過ごした家族のような存在だ。かつて大野は嵐を「宝物以外の何物でもありません」と表現し、こう続けた。

「ぼくの人生では、20年という人生の半分以上が嵐だったので、永遠に輝き続けるものです」

 8月27日から28日にかけて放送される『24時間テレビ』(日本テレビ系)の今年のテーマは「会いたいあの人へ今だから伝えたい想い」だという。メインパーソナリティーを務めるのは二宮だ。

「文字通り、メンバーから大野さんに向けられたかのようなメッセージですが、いまのところ大野さんが生放送に出演する予定はないといいます。ただ、去年の舞台挨拶のときのようにコメントを寄せたり、二宮さんの呼びかけに答える可能性はあるかもしれませんね」(日テレ関係者)

 ファンや関係者は嵐が2024年に迎える結成25周年のアニバーサリーにも注目している。

「5人が揃うかどうかは未定ですが、来年以降、大きなイベントが行われることが予想されています。大野さんの意向を尊重しつつ、松本さんを中心にメンバー同士があらゆる可能性を模索していることでしょう」(前出・芸能記者)

※女性セブン2022年9月1日号

X社が開発を進める宮古島の土地

X社が開発を進める宮古島の土地

中居正広

グループ活動の再開について聞いたのは中居正広

中居正広も嵐の行く末を気にしたのか

中居正広も嵐の行く末を気にしたのか

宮古島といえばこの伊良部大橋とブルー

宮古島といえばこの伊良部大橋とブルー

関連キーワード

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン