芸能

仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題

腕やボディにもたくさん(写真はインスタより)

腕やボディにもたくさん(写真はインスタより)

 女優でありながらチャンネル登録者数160万人を誇る人気YouTuberの仲里依紗(32才)が、8月上旬から仕事で米国のロサンゼルスに渡米した。夏休み中の8才の長男も連れて、18日間の滞在となった。早速、現地のサンタモニカ・ベニスビーチで撮った写真を、公式インスタグラムで公開。すると、その投稿にコメントが860件以上も殺到する、プチバズりが起きた。

 原因は、タンクトップで上半身の大部分の肌を露出した写真。その腕や胸元、背中には合計20種類以上ものタトゥーが刻まれていたからだ。

 衝撃的なカットだが、実はこれは、「inkbox」という2週間ほどで消えるオーガニックタトゥー。全国のドン・キホーテの化粧品コーナーやECサイトで販売されていて、若者に人気のおしゃれアイテムだ。

 仲はインスタグラムに《inkboxにハマりまくり全身タトゥーだらけになり、LAでもAmazon頼みまくり上げ、車の乗りまくり、ハイウェイもスイスイで、ウーバーいーつだって余裕だし、英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてるし、なんてったって現地民より派手で目立ってるんですから》というメッセージを書き込むなど、ハイテンションっぷりが伝わってくる。ファンからは「最高にかわいい♡ 私も同じの買った」などと賞賛のコメントが相次いだ。

 ある芸能関係者は「首筋には♡のスタンプでuを消した『F♡ck』のタトゥーも公開。もちろんあの“放送禁止用語”でしょうが、自主規制したのでしょう(笑い)。右腕には日本語で『恐れない』との文字も入れていて、仲さんのユーモアさが伝わってきます」と話した。

 それにしても、この投稿の反響の大きさこそが、日本のタトゥー事情を物語っているといえる。

 欧米では、以前からファッションの一部として広く認知されている。古くはサッカーの元イングランド代表デビット・ベッカム(47才)から、現在のナンバーワンプレイヤー、アルゼンチン代表リオネル・メッシ(35才)まで、世界中の子供たちから憧れられる超一流スポーツ選手でも、大勢がタトゥーを入れている。世界的ミュージシャンのジャスティン・ビーバー、エド・シーラン、そして韓国のアイドルグループBTSでもタトゥーが入っているメンバーはいる。
 
 しかし、「日本では『刺青』とされて、イメージは全く良くない。日本でも若者たちに広まりつつあるが、欧米のそれとは比が違います。いまだに『温泉や銭湯への入場禁止』や『生命保険に入りにくい』などの制約があちこちにあるからです」と、先の芸能関係者は続ける。

 当然、そんな風潮の日本では、タトゥーを入れた芸能人が一般企業のCMキャラクターを任されることなども難しく、タトゥーを入れることのデメリットは小さくない。

 象徴する事件も、2020年大みそかに起きた。ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者決定戦に出場した井岡一翔(33才)は、左腕のタトゥーが隠れていない状態でリングに上がり、テレビ視聴者から批判が殺到。日本ボクシングコミッション(JBC)からは、ルール違反で厳重注意処分を下された。

 あるスポーツ紙記者は「JBCルール第95条2号に『入れ墨など観客に不快の念を与える風体の者は試合に出場できない』とあるので妥当な裁定でしたが、いわゆる暴力団員らの入れ墨と一般人のタトゥーでは意味合いが違う。ジェンダーフリーなど多様な価値観を認めることが推奨される現代では、こちらもルールの改善が行われてもおかしくないのかもしれません」と話した。

関連記事

トピックス

2019年、ゴールデングラブ賞を受賞した日本ハムの西川遥輝選手(時事通信フォト)
イケメンで人気の楽天・西川遥輝選手、日ハム時代に結婚していたけど発表しない理由
NEWSポストセブン
木本は沈痛
TKO木本武宏がアルバイトしながら債権回収に奔走する一方、不動産投資話の首謀者が行方不明に
女性セブン
厳戒態勢の中でもしめやかに(撮影/JMPA)
安倍元首相の国葬、厳戒態勢の中でもしめやかに 佳子さま、岸田首相ほか悼む人々
女性セブン
昭恵夫人(写真/JMPA)
誤算続きの安倍氏国葬 4割が招待辞退、国会議員6割欠席、費用はエリザベス女王国葬以上
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
玄理のトイプードルを抱えた町田啓太
【スクープ】町田啓太が4才年上女優・玄理と熱愛 町田がべた惚れしアプローチ、すでに同棲中
女性セブン
小室佳代さんのトラブルは眞子さんに影響するか
小室佳代さん、元恋人に1600万円返金要求のトラブル “眞子さんの後ろ盾”の影響は
女性セブン
神戸山口組の井上邦雄組長(時事通信フォト)
劣勢の神戸山口組、かつて決別した組織との“反六代目”三派同盟を画策
週刊ポスト
3年夏の決勝に敗れた後、対戦相手の秀岳館・川端健斗選手(右)と記念撮影。2人は一緒に花火大会に行く仲(写真提供/川端健斗)
ヤクルト・村上宗隆を深く知る3人の証言 「プロ入り前夜」と「新人時代の頑固さ」
週刊ポスト
西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン