国内

渋谷母娘刺傷事件 目撃者が証言「犯人少女の白いロンTにはべっとり血、その他は印象に残らない子」

事件現場となった円山町

事件現場となった円山町

 東京都渋谷区の路上で8月20日夜に母親とその19歳の娘が刃物で刺された事件。殺人未遂容疑で現行犯逮捕された少女は、埼玉県戸田市に住む市立中学3年の生徒(15)だった。少女は容疑を認め、「死刑になりたいと思い、たまたま見つけた2人を刺した。自分の母親と弟を殺す予行練習をしようと思った」などと供述しているという。

 事件が起きたのは、京王井の頭線神泉駅近く。商店や飲食店が立ち並び、若者向けの洒落た飲み屋も多い。駅周辺にはタワーマンションが建っていて、家族連れも多く生活しているという。大手紙社会部記者が語る。

「少女が被害者母娘を刺したのは、1997年に東電OL殺人事件が起きた現場アパートの隣の路地でした。防犯カメラの映像では、神泉駅に向かう母娘を後ろからつけていた少女が、この場所に差しかかった瞬間に突然、2人を襲ったとされています」

 少女は母娘の背中や腹などを刃渡り約8.5センチの包丁で刺した。娘の背中の刺し傷は深さ約10センチに達し、母親は両肩や腹、背中の4か所を切られていたという。少女はその場で母親と近くの飲食店従業員の男性に取り押さえられ、駆け付けた警官に身柄を引き渡された。少女が連行される様子を目撃したという現場近くの居酒屋店主はこう話す。

京王井の頭線神泉駅近く

京王井の頭線神泉駅近く

「救急車やパトカーが来て、何事かと外に出たらパトカーに女の子が乗せられていくところでした。女の子は白いロンTのようなものを着ていましたが、肩のところにべっとりと血がついていていた。パッと見たときに肩についた血が目に入ってきて、その他はとくに印象に残らないくらいの『普通の子』という感じでしたね」

 前出・大手紙社会部記者はこう言う。

「犯行当時、少女は靴を履いておらず、靴下のみだったそうです。母子家庭で育ち、家族は母親と弟が1人。中1から不登校だったと言われており、家庭に不満を持っていたのではないかともみられています」

 事件を受け、少女が通う中学校がある埼玉県・戸田市の教育委員会が記者会見を開き、戸ヶ崎勤教育長は「大変重く受け止めている。こうした事件を防ぐ手立てはなかったのか、原因究明に努めたい」と述べた。

 もうすぐ新学期を迎える。子供たちの心のケアも必要になるだろう。

神泉駅には多くの若者でにぎわう飲食店が立ち並ぶ

神泉駅には多くの若者でにぎわう飲食店が立ち並ぶ

関連記事

トピックス

堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
爆笑問題はいまの「テレビとコンプラ」をどう見ているか
【爆笑問題が語るテレビとコンプラ】太田光「どの時代もテレビはがんじがらめ」「ダメな言葉の線引きが変わっているだけ」
週刊ポスト
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン