芸能

チャック・ウィルソンさん(75)インタビュー「今だから明かせる大橋巨泉との衝突、藤原組長との本当の仲」【全3回の1回】

チャック・ウィルソンさんが今だから明かせる話を語ってくれた

チャック・ウィルソンさんの「今だから明かせる話」とは(撮影/黒石あみ)

 バブル全盛の1980年代にテレビを中心に活躍し、今も多くの人の記憶に残っているチャック・ウィルソンさん(75)。最高視聴率33.8%を記録した『世界まるごとHOWマッチ』(1983~90年、MBS・TBS系)では、司会の大橋巨泉さんとの丁々発止のやりとりでお茶の間を沸かせた。今年の10月で76歳になり、「もう後期高齢者だよ」と本人は笑うが、今も昔と変わらぬ体型を維持し、愛する日本に住み続けている。チャックさんが、懐かしい思い出の日々を振り返る――。【全3回の第1回】

 第二次世界大戦後の1946年にアメリカ・ボストンで生まれたチャックさんは、日本でいう団塊の世代。23歳で同志社大学に柔道留学するため来日し、その後、アメリカ人が麻布に設立したスポーツジムの共同経営者に転身。北アジアを統括する本部長として日本や韓国、台湾や香港を飛び回る日々を過ごしていた。

 ビジネスに燃えていた人生が変わったのは1983年。スポーツジムの会員だった広告代理店の社員から、「あなたはキャラクターがいいから、テレビに出てみないか」と『HOWマッチ』の出演を持ちかけられたのだ。

「当時、興味があったのはチャンバラの時代劇だけ。クイズやバラエティはほとんど見たことがなく、大橋巨泉さんや石坂浩二さん、ビートたけしさんのことも知らなかった。テレビ出演なんて考えてもいなかったけど『値段だけ考えればいい番組だから簡単ですよ』と言われ、スポーツジムの宣伝になるならと軽い気持ちで出演をオーケーしました」(チャックさん、以下同)

外国人タレントの先駆け

『HOWマッチ』は世界中の物品の価格、権利やサービスなどの値段をクセ者揃いの解答者が当てる番組だった。チャックさんは、最初の収録でいきなり周囲を唖然とさせた。司会の大橋巨泉さんの説明が足りないと、大声でこうまくし立てたのだ。

「オーイ、巨泉さんよぉ、ちゃんと説明しろよ。まったくわかんないじゃないかよ!」

 本人が笑いながら“釈明”する。

「僕は日本で警視庁の元機動隊員に柔道を習っていたから、そこで吸収した荒っぽい日本語をそのまま使ってしまった。収録が終わってから巨泉さんに『乱暴な言葉を使ってすみません』と謝ったら、『いやいやチャックさん、番組の役に立てばいいんです。みんな気に入っているから大丈夫』と言われました。周囲は、“変な日本語を話すゴッツイ外国人”が面白かったみたいで、その後もテレビに出続けることができました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
山本耕史
山本耕史 庶民派スーパーで見せたガチムチ「タンクトップ姿」鎌倉殿キーマン「圧巻の肉体美」
NEWSポストセブン
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性スキャンダル、巨人CS消滅でも収束せず 厳しいシーズンオフか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
エリザベス女王、プレッシャーからの“逃げ道”となった日記と「家族」の存在
女性セブン
巨人・原辰徳監督は3年契約の2年目(時事通信フォト)
Bクラス監督が続々辞任も巨人は原監督続投濃厚 かつて何度も名前の挙がった「江川卓監督」が実現しないワケ
NEWSポストセブン
作中ではシリアスな表情も多いが、オフの2人は常に笑い合っている。公私ともに共有する時間は多い。「正月は毎年、山口は俺の家にいるんだよね(笑い)」(本宮)
任侠シリーズ『日本統一』が地上波ドラマ化 本宮泰風&山口祥行「好みの俳優を見つけて」
女性セブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン