ライフ

撮り鉄と地元住民はwin-winの関係を築けるのか 島根・津和野町が試みた共存策

1979年、復活運行したSL「やまぐち号」をカメラ片手に撮りまくる鉄道ファン(時事通信フォト)

1979年、復活運行したSL「やまぐち号」をカメラ片手に撮りまくる鉄道ファン(時事通信フォト)

 最近は何かとトラブルが目立つ鉄道の撮影ファン、いわゆる撮り鉄対策としては、立ち入り禁止にしたり、記念走行の告知をしないなど、彼らが集まらないようにすることが多い。それに対し山陰の小京都として知られる城下町の津和野町では、JR山口線を走る「SLやまぐち号」目当てに集まる撮り鉄のために、今の世の中の、とくにネットで大勢を占めるのとは逆の対応を始めた。ライターの小川裕夫氏が、撮影スポットを整備し無料開放している津和野町の取り組みについてレポートする。

 * * *
 国鉄は高度経済成長期前後から動力近代化を進めた。動力近代化とは、石炭を燃料とする蒸気機関車(SL)から軽油を燃料とする気動車・ディーゼル機関車(DL)、もしくは電気で走る電車・電気機関車(EL)へと置き換えた一連の取り組みを指す。

 動力近代化を推進した結果、各地の路線からSLは姿を消していった。現在、SLは主に観光列車として運行される。例えば、東武鉄道は2017年に“SL大樹”を運転開始。大井川鉄道では、“きかんしゃトーマス”を再現したSLが走っている。これらが沿線への誘客効果を狙っていることは言うまでもない。

 山口県山口市の新山口駅と島根県津和野町の津和野駅とを結ぶ山口線は、山陽と山陰を結ぶ役割を担っている。

 山陽と山陰を結ぶ重要な路線だが、利用者は決して多くない。そうしたことから、国鉄時代から需要の掘り起こしが課題になっていた。

 国鉄は各地から姿を消していったSLを、山口線で運行することで誘客を図ろうとした。山口線は東京から遠く、一般的に山口線へと足を運ぶには東海道・山陽新幹線を使って小郡(現・新山口)駅まで移動しなければならなかった。それだけに、山口線にSLを走らせれば、多くの誘客が見込めるほか売上的な面でも大きい。山口線はSLによる需要創出のパイオニアともいえる路線だった。

 こうして1979年に山口線で“SLやまぐち号”の運転が開始される。当時、動力近代化によって全国からSLは姿を消していたものの、まだ懐かしいと思われるほど歳月は経っていない。それでも、瞬く間に“SLやまぐち号”は人気を呼び、元鉄道少年・鉄道少年たちを魅了した。

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン