ライフ

【書評】『当事者は嘘をつく』むきあうポジションがもたらすデリケートな葛藤

『当事者は嘘をつく』著・小松原織香

『当事者は嘘をつく』著・小松原織香

【書評】『当事者は嘘をつく』/小松原織香・著/筑摩書房/1980円
【評者】井上章一(国際日本文化研究センター所長)

 性的暴力をうけた人たちは、その記憶をなくしたいと、よく思う。しばしば脳裏をよぎるその瞬間からは、遠ざかりたいとねがいやすい。そのため、事件をふりかえる言葉も、あいまいになりがちである。被害をわすれて生きのびたいという想いが、そのあやふやさに拍車をかけていく。

 彼らを社会的にささえようとする支援者は、彼らなりの言葉で事態をくみたてる。たとえば、法廷闘争むきの弁論へ、おとしこもうとする。そこに、当事者は自己認識との違いを感じ反発しやすくなる。当人じしんの記憶はおぼろげになっていても、支援の言葉がはらむズレは、すぐわかる。あの人たちはわかってくれないと、どうしても感じてしまう。

 いっぽう、被害者どうしの語りには、いやおうなく共感をいだく。それらは、サバイバルのために改変された記憶であったとしても、うけいれやすい。回顧の強度が潤滑油になるのだろうか。こうして、他人の言葉は、しばしば自分の言葉にまぎれこむ。あるいは、すりかわる。被害者たちは、生きのこりをかけて、嘘をつくようになっていく。

 被害者は、いちばん近くでよりそう支援者を、にくむことがある。支援者たちも、当事者どうしのつながりを、しばしば嫌悪する。そんな壁が、不幸なことだが、両者のあいだにはできているらしい。

 著者は性的暴行の被害者であるという。だから、今のべたような違和感をいだきつつ、この問題にあたってきた。

 だが、数年前から、いわゆる水俣病ともむきあうようになる。研究課題に、この公害をえらんだのである。性暴力の場合とちがい、自分が被害者になることはありえない。当事者の語りから研究にいかせそうな部分だけを、つまみ喰いしてしまう。そうなりかねない立場に、身をおいた。

 事態とむきあうポジションがもたらすデリケートな葛藤を、この本は語っている。その心模様をとらえようとする臨床哲学的な言葉の数々に、感心した。

※週刊ポスト2022年9月16・23日号

関連記事

トピックス

女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
NEWSポストセブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
昨年は男女若手アナウンサーのカレンダーを発売していた
毎年恒例「女子アナカレンダー」 TBSだけ「2023年版は制作しない」ことになった理由
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト