ライフ

間違いだらけの虫歯治療“レジンを使わずに銀歯にこだわる”のは時代遅れ

虫歯治療の注意点は?(イメージ)

虫歯治療の注意点は?(イメージ)

 正しい歯科治療・口腔ケアを学ぶことが重要なのは、歯科業界の一部に“間違った治療・ケア”が蔓延しているからでもある。どんな落とし穴があるのか、『やってはいけない歯科治療』著者のジャーナリスト・岩澤倫彦氏が虫歯治療の「間違った認識」をレポートする。

 * * *

【間違い】虫歯治療の基本は、やっぱり銀歯?

 歯周病と並んで歯を失う原因となるのが虫歯だ。もし歯科医から“銀歯”の治療を勧められたら、こう問いかけてほしい。

「コンポジット・レジン(以下、レジン)で治療してもらうことは可能ですか?」

 限局的な虫歯なら、大抵はレジンで治療できると言われている。銀歯の治療は、たとえ虫歯が小さくても周囲の健全な部分まで大きく削る必要がある。銀歯には一定の大きさが必要であること、そして銀歯と歯の境目に虫歯ができないよう「予防拡大」として健全な歯も削るのだ。

 昭和の時代なら銀歯は正解だったかもしれないが、世界の虫歯治療は「MI=ミニマルインターベンション」という概念に変わった。

 直訳すると“最小限の侵襲”。予防拡大で健全な歯を大きく削ると、歯の寿命を短くしてしまう反省から、削る範囲は必要最小限に留めるという考え方だ。MIを可能にしたのが、日本発の歯科材料といわれるレジンだ。

【間違い】レジンで治療しても、すぐダメになる?

 日本の歯科医は、レジン治療に対する評価が低い傾向がある。

「材料としての強度がなくて、長持ちしない」として白い材料を希望する患者には、ジルコニアやセラミックを勧める。

 これに関して、レジン治療の第一人者である、東京医科歯科大学・名誉教授の田上順次氏(現・クオーツデンタルクリニック院長)に聞いた。

「レジンの強度は天然歯とほぼ同じです。ジルコニアやセラミックは天然歯より硬いので、噛み合わせの歯が壊れたり、歯根が割れる要因になります。もし壊れても、レジンなら簡単に修復することが可能です」

 プラスチック系素材のレジンは、ペースト状になっている。虫歯部分に接着剤を塗布後、レジンを充填して光を当てると、天然歯と同等の硬さになるのだ。

「レジンの耐久性は銀歯と同等だと証明されていますが、強度がないという歯科医がいます。それには原因があって、光をしっかり当てていないとか、接着の基本ができていないなど、技術的な問題があるのです」

【間違い】塗るだけで虫歯が治る治療法がある?

“虫歯の穴に詰めて虫歯菌を死滅させ、歯の石灰化を促す。治療時間は10分。気づかないうちに虫歯が治っている”──これが「ドックベストセメント」という虫歯治療だという。歯を削らず、治療中の痛みもなく、成功率は90%以上、とドックベストセメントの普及活動をしている歯科医は主張する。

 だが、実際に治療を受けた患者からトラブルの相談が非常に多い、と前出の田上氏は述べた。

「そのセメントに殺菌作用があるために、虫歯を取らずに、それを塗っておくだけにして、基本的な治療をしていない例が見られます。

 結局、虫歯が進行してしまい、他のクリニックを受診した時には手遅れで抜歯するしかない、というケースがいくつも起きています」

 自費診療として行われているが、未承認の治療法で、科学的な有効性は証明されていない。

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン