ライフ

トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ

時事通信フォト

支持率は下落傾向(時事通信フォト)

 リーダーの言葉は重要だ。コラムニストの石原壮一郎氏が「国葬」を機会に考えた。

 * * *
 もうすぐ、国をあげての大きなお葬式が行なわれます。故人を悼む気持ちは十分にあるつもりですが、なぜそういう形式のお葬式にしたのかは、よくわかりません。それはきっと、そういう形でやることを決めた責任者が理由や根拠を説明しようとしないから。

 そう、安倍元首相の国葬と、国のトップである岸田首相の話です。政府は「国葬」ではなく「国葬儀」と呼びたいようですが、姑息な理由の言い換えにつき合う義理はないので「国葬」でいいですよね。ともあれ賛否入り混じる騒がしい状況の中、いよいよ当日を迎えようとしています。

 勢いで決めたのか長老に恫喝されたからかはわかりませんが、国葬にすることで支持率が上がると思っていたであろう岸田首相としては、完全にアテが外れました。国葬ではなく自民党葬にするのと、反対の声のほうが多い中で国葬を執り行うのと、さてどっちが故人に対して失礼だったのでしょうか。

 就任当時から「体裁のいいことを言うだけで実際は何もしない」と言われ続けている岸田首相は、国葬の件でも本領を発揮しました。国葬について議論される国会の閉会中審査で答弁することを決めた岸田首相は、事前に「丁寧な説明を尽くしたい」と丁寧に言い続けました。

 ところが実際には、これまでの主張を丁寧に繰り返すばかり。なぜ安倍元首相を特別扱いしたのか、根拠はあるのかなどについての「丁寧な説明」はありませんでした。ま、誠実に「丁寧な説明」をしようとしたら、表には出せない事情や黒い本音が出てきそうです。きっと苦渋の決断としての丁寧な繰り返しだったのでしょう。

 国葬をめぐる対応は、岸田首相の「見習ってはいけない部分」の一例。話はコロッと変わって、たとえば中小企業の社長が「社員の親睦を深めたい。久しぶりに社内運動会をやろう」と言い出したとします。ところが、多くの社員から反対の声が上がりました。総務がアンケートを取ってみたところ、なんと大半の社員が反対という結果に。

 社長としてはそんな“世論”を無視するわけには行きません。「私から社員に丁寧な説明を尽くすとしよう」と言い出しました。社員は「説明されてもなあ」と半信半疑で聞いていたら、社長の口から出てくるのは精神論や言い訳ばかり。即座に「この社長、ダメだ」と、社員から見切りを付けられてしまうでしょう。

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
保育園園長を刑事告発した裾野市の村田悠市長(時事通信フォト)
《園児虐待で3人逮捕》土下座の保育園園長は地元の名家出身 母親は「関係ありません」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン