国内

パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論

「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”

「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”

“パパ活&飲酒”吉川赳・衆院議員の問題が“実のパパ”にも飛び火した。自民党富士宮支部が9月14日に開いた役員会で、支部長を務める吉川雄二氏の辞任・解任を求める動議が提出された。

『週刊ポスト』の報道を巡り、赳氏が「説明責任を果たさず議員の職に居座り議員報酬等を受け取り続けていることが、自民党の支持率低下の大きな要因」として、父親の雄二氏について「説明責任を果たすことや辞職するなど働きかけうる立場にあった。支部長という立場を鑑みれば、あまりにも無責任」と批判した。

 この解任動議に対して「出処進退は自分が決めること」と辞任を拒否した雄二氏は、国会で取り囲む記者たちから逃げ回っていた赳氏と同じように、詰めかけた記者たちに背を向けながら息子についてこう言い放った。

「あの子は国にくれた子だから」

『週刊ポスト』(2022年6月24日号)が18歳女子大生との“パパ活飲酒”を報じると、赳氏は自民党を離党して雲隠れ。ブログで一方的に釈明文を出し、8月の臨時国会に出席した際にも「係争中の案件になるので」と説明を拒んだ(9月22日現在も本誌・週刊ポストは赳氏から提訴されていない)。「係争中」という虚偽の言い訳で説明責任を果たさない赳氏には、地元富士市の富士記者クラブから7月に続けて8月にも記者会見を求める要望書が提出されたが、「無回答」と返答していた。

 本来、成人した息子の不祥事で父親まで責任を追及される道理はない。だが吉川親子の場合は、そうもいかないようだ。岸田文雄首相はじめ自民党幹部が説明を求めたにもかかわらず赳氏は無視し続け、その父親が自民党富士宮支部長の座に留まっているのだ。『週刊ポスト』は“吉川パパ”の見解を訊くため、自宅前で直撃した。解任動議について尋ねると、雄二氏は記者を遮ってこう捲し立てた。

「この前の幼稚園児がバスに置き去りにされた事件だって、理事長さんに2時間近くインタビューして、悪いとこだけ報道するんだよね。あれ、なんでそうするの? 私が教えてあげようか。あんたたちが商業主義でさ、これを読んでくれなきゃ購読率が高まらなきゃしょうがないでしょ。人を貶めたほうがさ。要するに視聴者や国民の脳を刺激させるのが一番。これはオウムの時から一貫してそう。もう少し勉強したほうがいい」

 したり顔の雄二氏が繰り広げる「報道が悪い」演説は止まらない。

「統一教会にしてもそう。信教の自由があるじゃない、この国には。霊感商法で騙されたんだったらさ、警察に行けばいいじゃん。警察が出てきて逮捕されたケースって絶対聞かないよね。なんでそんな悪いとこばっか報道するの? あんた方が世論を作ってるんですよ、わかります? コロナが蔓延すれば支持率は落ちるんですよ。だからテレビ朝日なんかね、(感染者数が)何人だなんてやらなきゃいい。観てくれなきゃしょうがない、買ってくれなきゃしょうがないって、あんた方なんでそうすんの? そのことしっかり反省してから私んとこ来てください」

 報じるメディアが悪いと“逆ギレ”する姿勢は、『週刊ポスト』報道にブログで女子大生を侮蔑するような言葉や嘘を交えて居丈高な反論を展開した赳氏にどこか通じるものがある。そこで「国にくれた子」発言の真意を尋ねると、雄二氏はこう解説した。

「衆議院議員に当選するってことはさ、もう国にくれるってことじゃない。そういう意味であの子が衆議院議員に当選した時に、あの子は国にくれた子だと思っている。テレビのコメンテーターを見てると、『それは喜んでもらったんでしょうかね』とか『もらわなくてもいいものをもらったんでしょう』とか……全然次元が違うって」

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン