国内

「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も

司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)

国葬で司会をつとめた島田アナ(写真/JMPA)

 9月27日、安倍晋三・元首相の国葬が日本武道館で営まれた。司会を務めたのはフジテレビの島田彩夏アナウンサー(48)。『FNNスピーク』『新報道2001』などに出演してきた報道担当のベテランで、エグゼクティブアナウンサーという幹部職でもある。当日の彼女の様子を、会場にいたメディア関係者が語る。

「10時半ごろから、島田アナは会場で海外の国名を繰り返し練習していましたが、流暢な発音に取材陣から『さすが』との声が上がっていました。

 島田アナは上智大学外国語学部出身で、英検準1級も持っている。夫の実業家・近藤正純ロバートさんはサンフランシスコ出身で海外経験が豊富ですし、海外の要人を相手にする司会者としてはまさに適任ではないでしょうか。これほどの大役にもかかわらず本人はリラックスした様子で、開始前に関係者から話しかけられた時はアハハッと笑う姿も見られました」

 フジテレビに島田アナ起用の理由を尋ねたが、「社として国葬委員会から島田への依頼があり、社内で検討した結果、受けることになりました。なぜ島田が選ばれたかについては、受けた側ですのでお答えする立場にございません」(広報局)との回答だった。

 政府主催である国葬の司会者に民放所属のアナウンサーが選ばれたのはなぜなのか。企画・運営を手がけた「ムラヤマ」は日本テレビの100%子会社であり、その点でもフジ島田アナの起用には違和感が残る。

 全国紙政治部記者が、メディア内で広がっているという「ある説」を紹介する。

「フジが岸信夫・総理補佐官の長男で安倍元総理の甥にあたる信千世氏の古巣だからではないかといわれています。信千世氏は、フジテレビに入社後、報道局で社会部記者をしていた。安倍元総理とのパイプを期待され、令和の代替わりにあたり宮内庁担当になったこともありました。2020年に退社後は父である岸氏の秘書を務めていますが、いまだ決まっていない安倍元総理の後継候補にも名前が挙がっています。信千世氏自身、『文藝春秋』9月号で『伯父・晋三の遺志を継ぐ』と決意表明していました。

 安倍家・岸家にとって、信千世氏と縁の深いフジのアナウンサーが司会を務めてくれれば言うことなし。フジにとっても、日枝久・フジサンケイグループ代表は安倍元総理との深い交友で知られており、国葬を支えたいという気持ちが強かった。そこで、報道畑のベテランである島田アナに白羽の矢が立ったのではないかと言われています」

 信千世氏がメディアのバックアップを得て政界の檜舞台に立つ時は近いかもしれない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン