スポーツ

坂本勇人の女性問題に甘い巨人 過去の“原監督1億円事件”への再注目を避けたい側面も

原監督もかつて女性問題を巡って…(時事通信フォト)

原監督もかつて…(時事通信フォト)

 巨人・坂本勇人(33)が女性醜聞で大炎上しているが、なぜかスポーツ紙もテレビ局も“完全スルー”を決め込んでいる。坂本はこれまでも度々女性問題が報じられてきただけに、ファンからは本人による説明や何らかの処分を求める声が噴出。球団は、醜聞を報じた『文春オンライン』に坂本と女性の間で示談が成立していることを回答した以外には公式な発表をせず、坂本はお咎めなし。報道翌日も試合に出場した。

 坂本だけではなく、伝統的に巨人には「スター選手」に甘い体質がある。

 そもそも原監督自身、かつて女性問題を巡って元暴力団員から1億円を要求され、支払いに応じたと、2012年6月に『週刊文春』に報じられた。その際、原監督は不倫関係と金銭の支払いを認める書面を発表したが処分はなく、その年のペナントで日本一に輝いた。

「坂本の件に突っ込むと、原監督の1億円事件にも再び注目が集まってしまうかもしれない。多くの記者はあと2年契約が残っている原監督の顔色を見ています。GMに近い全権監督ににらまれたくはありません」(元巨人番のスポーツ紙編集委員)

 様々な場面で少しずつ、報じる側が“踏み込まないようにする”傾向が強まっているのだという。

「9月6日に巨人の長嶋茂雄・終身名誉監督が自宅で倒れて緊急入院した際、最初はある大手新聞社が容態について号外を出そうとしたそうだが、最終的には巨人からの発表に基づく横並びとなった。国民的英雄の安否に関わることで慎重を期したのは事実だが、入院後はテレビや新聞は周辺取材も自粛している」(同前)

 それはつまり、以前より記者が「スクープ」を求めなくなったということでもある。

「昔は選手やフロントにぶら下がり、夜討ち朝駆けをしていたけど、今はコロナもあって独自ネタを取るのが難しく、各社とも似たような紙面になる。現場でもスクープをもぎ取って孤立化するより、仲良くやりたいという記者が多い」(同前)

 もちろん、近年は地上波での巨人戦の放送が減るなどしたことで、巨人とメディアの関係にも少しずつ変化が生じている側面はあるのだろう。

「今やスター選手はメジャーに行くし、ファンの好みも多様化して他の人気球団が増えたこともあってメディアは昔ほど“巨人頼み”でなくなりました。とはいえ、オフに選手をゲストで呼ぶ時は、全国区での知名度が高い巨人の選手に声がかかることが多いですからね」(巨人戦の解説も務める野球評論家)

※週刊ポスト2022年10月7・14日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン