芸能

泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす

いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた

いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していたという

 あるキャスティング情報に芸能関係者が色めきたった。10月8日放送スタートのドラマ『孤独のグルメSeason10』(テレビ東京系)に、えなりかずき(37才)の出演が発表されたためだ。

 2017年の連続ドラマ『サヨナラ、えなりくん』(テレビ朝日系)に出演以降は、ドラマのレギュラー出演はゼロ。俳優仕事はおろかメディア出演自体が激減していた。3才から芸能界で活躍する「国民的子役」出身のえなりの“再始動”を、あるテレビ関係者はこう話す。

「『孤独のグルメ』はゲスト出演ですが、この8月、9月とバラエティー番組にもよく出ていますし、明らかな変化とみています。あの人との関係が雪解けを迎えたからだと言われていますね」

 あの人とは、『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)シリーズでえなりの母親役を演じた泉ピン子(75才)のことである。『渡鬼』は、1990年から2011年まで20年以上も続いた長寿ドラマで、2人は中華料理店「幸楽」の嫁・小島五月とその長男・眞を演じてきた“母子”の間柄。ピン子も本当の息子のようにかわいがっていた。2011年の放送終了後はスペシャル番組として年に1回のペースで続いていた。しかし2015年の回を最後に、2人が同じ場面に出ることはなかった。

 その理由を明かしたのが、2人の恩人である脚本家の橋田壽賀子さん(享年95)だった。2019年に『週刊文春』のインタビューで《一緒に出ると、えなり君がおかしくなるんですって、発疹が出たり》と、えなりがピン子に対して“共演NG”を出していたことを明かしたのだ。

「子役の頃からの関係ということもあり、ピン子さんはえなりさんに厳しかった。演技指導だけじゃなく、えなりさんの私生活にまで口を出すようになり、『結婚相手は私が認めないとダメよ』と話したことも。

 こうしたお節介が、えなりさんが大人になるにつれ、煩わしく感じていった。さらに、えなりさんのマネジャーとして帯同していた母親から毛嫌いされていたことが、ピン子さんの耳に入ってしまい、えなり家とピン子さんも険悪になってしまったんです。その対立に嫌気が差したえなりさんは、ついに発疹が出るまでになり……」(ドラマ関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン