芸能

泉ピン子、えなりかずきと事実上和解か いじめ報道に“本当はつらかった”と漏らす

いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していた

いじめ報道に苦しみ1年間、極秘通院していたという

 あるキャスティング情報に芸能関係者が色めきたった。10月8日放送スタートのドラマ『孤独のグルメSeason10』(テレビ東京系)に、えなりかずき(37才)の出演が発表されたためだ。

 2017年の連続ドラマ『サヨナラ、えなりくん』(テレビ朝日系)に出演以降は、ドラマのレギュラー出演はゼロ。俳優仕事はおろかメディア出演自体が激減していた。3才から芸能界で活躍する「国民的子役」出身のえなりの“再始動”を、あるテレビ関係者はこう話す。

「『孤独のグルメ』はゲスト出演ですが、この8月、9月とバラエティー番組にもよく出ていますし、明らかな変化とみています。あの人との関係が雪解けを迎えたからだと言われていますね」

 あの人とは、『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)シリーズでえなりの母親役を演じた泉ピン子(75才)のことである。『渡鬼』は、1990年から2011年まで20年以上も続いた長寿ドラマで、2人は中華料理店「幸楽」の嫁・小島五月とその長男・眞を演じてきた“母子”の間柄。ピン子も本当の息子のようにかわいがっていた。2011年の放送終了後はスペシャル番組として年に1回のペースで続いていた。しかし2015年の回を最後に、2人が同じ場面に出ることはなかった。

 その理由を明かしたのが、2人の恩人である脚本家の橋田壽賀子さん(享年95)だった。2019年に『週刊文春』のインタビューで《一緒に出ると、えなり君がおかしくなるんですって、発疹が出たり》と、えなりがピン子に対して“共演NG”を出していたことを明かしたのだ。

「子役の頃からの関係ということもあり、ピン子さんはえなりさんに厳しかった。演技指導だけじゃなく、えなりさんの私生活にまで口を出すようになり、『結婚相手は私が認めないとダメよ』と話したことも。

 こうしたお節介が、えなりさんが大人になるにつれ、煩わしく感じていった。さらに、えなりさんのマネジャーとして帯同していた母親から毛嫌いされていたことが、ピン子さんの耳に入ってしまい、えなり家とピン子さんも険悪になってしまったんです。その対立に嫌気が差したえなりさんは、ついに発疹が出るまでになり……」(ドラマ関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン