芸能

高田文夫氏 ゴダールとジュリー、2つの『勝手にしやがれ』と私には無理な田舎暮らし

2つの『勝手にしやがれ』にどんな思い出?(イラスト/佐野文二郎)

2つの『勝手にしやがれ』にどんな思い出?(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、映画『勝手にしやがれ』を手掛けたジャン・リュック・ゴダール監督の訃報から、『勝手にしやがれ』を歌った沢田研二についてつづる。

 * * *
 先日ジャン=リュック・ゴダール(91歳)の死が報じられた。何故か心に衝撃が走った。中学時代、何となく見た『勝手にしやがれ』(1960年)。これが自由な撮り方で、今までの映画とは違うなと子供ごころに感じていたら、後にあれが「ヌーベルバーグ」だと周りが言い出した。そうか、「新しい波」なのかと早熟な私は理解した。監督ゴダール、主演ジャン=ポール・ベルモンド。強烈なインパクトを私のハートに与えた。

 このコンビは、この後1965年には『気狂いピエロ』を発表し、少年の心を揺さぶり続けた。『勝手にしやがれ』と同じ年に『太陽がいっぱい』(アラン・ドロン)も公開され、フランス人ではない私の周りでもドロン派とベルモンド派に分かれたが、私は断然ベルモンド組だった。ぶさいくとまで言われたあの顔には、えも言われぬ愛嬌があった。

 ゴダールの『勝手にしやがれ』をオマージュして1977年、阿久悠が詞を書き、我らがジュリー、沢田研二が歌い「レコード大賞」までとっちゃったのが『勝手にしやがれ』。“やせ我慢の美学”を追求していった曲だ。

 テレビで歌う時は帽子を投げるパフォーマンスをみせた。この頃からジュリーは演じる歌謡曲のようなものを作りあげていった。1980年にはパラシュートまで背負った『TOKIO』でド肝を抜いた。

 さすがジュリー、私とまったく同じ誕生日、1948年6月25日生まれである。若い頃はよく、双児じゃないかと噂も立った。ベルモンドの『勝手にしやがれ』からジュリーの『勝手にしやがれ』……私は勝手に生きてこうなった。

 そして充分大人になった沢田研二は作家・水上勉になってみせる。映画『土を喰らう十二ヵ月』。水上の随筆をていねいに手間暇かけて映像化。長野の山荘で一人生きる作家。山の実やきのこを採り、畑で育てた野菜を自分で料理し、四季を感じながら原稿に時折向かう。ほうれん草の胡麻和え、若竹煮など料理の指導はあの土井善晴だが、実際に作っているのは沢田自身である。

 土を喰らうとは生きることと水上も言う。妻に先立たれた沢田のところへ(勿論これはフィクションなのだが)通って来る編集者がこれまたチャーミングな松たか子。君こそ喰らいたい。

 日本の四季の恵みを感じる一本。『TOKIO』を離れて田舎暮らし。ウーン私には無理そうだ。もうすぐおいしい日本が公開される。

※週刊ポスト2022年10月7・14日号

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン