芸能

高田文夫氏 ゴダールとジュリー、2つの『勝手にしやがれ』と私には無理な田舎暮らし

2つの『勝手にしやがれ』にどんな思い出?(イラスト/佐野文二郎)

2つの『勝手にしやがれ』にどんな思い出?(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、映画『勝手にしやがれ』を手掛けたジャン・リュック・ゴダール監督の訃報から、『勝手にしやがれ』を歌った沢田研二についてつづる。

 * * *
 先日ジャン=リュック・ゴダール(91歳)の死が報じられた。何故か心に衝撃が走った。中学時代、何となく見た『勝手にしやがれ』(1960年)。これが自由な撮り方で、今までの映画とは違うなと子供ごころに感じていたら、後にあれが「ヌーベルバーグ」だと周りが言い出した。そうか、「新しい波」なのかと早熟な私は理解した。監督ゴダール、主演ジャン=ポール・ベルモンド。強烈なインパクトを私のハートに与えた。

 このコンビは、この後1965年には『気狂いピエロ』を発表し、少年の心を揺さぶり続けた。『勝手にしやがれ』と同じ年に『太陽がいっぱい』(アラン・ドロン)も公開され、フランス人ではない私の周りでもドロン派とベルモンド派に分かれたが、私は断然ベルモンド組だった。ぶさいくとまで言われたあの顔には、えも言われぬ愛嬌があった。

 ゴダールの『勝手にしやがれ』をオマージュして1977年、阿久悠が詞を書き、我らがジュリー、沢田研二が歌い「レコード大賞」までとっちゃったのが『勝手にしやがれ』。“やせ我慢の美学”を追求していった曲だ。

 テレビで歌う時は帽子を投げるパフォーマンスをみせた。この頃からジュリーは演じる歌謡曲のようなものを作りあげていった。1980年にはパラシュートまで背負った『TOKIO』でド肝を抜いた。

 さすがジュリー、私とまったく同じ誕生日、1948年6月25日生まれである。若い頃はよく、双児じゃないかと噂も立った。ベルモンドの『勝手にしやがれ』からジュリーの『勝手にしやがれ』……私は勝手に生きてこうなった。

 そして充分大人になった沢田研二は作家・水上勉になってみせる。映画『土を喰らう十二ヵ月』。水上の随筆をていねいに手間暇かけて映像化。長野の山荘で一人生きる作家。山の実やきのこを採り、畑で育てた野菜を自分で料理し、四季を感じながら原稿に時折向かう。ほうれん草の胡麻和え、若竹煮など料理の指導はあの土井善晴だが、実際に作っているのは沢田自身である。

 土を喰らうとは生きることと水上も言う。妻に先立たれた沢田のところへ(勿論これはフィクションなのだが)通って来る編集者がこれまたチャーミングな松たか子。君こそ喰らいたい。

 日本の四季の恵みを感じる一本。『TOKIO』を離れて田舎暮らし。ウーン私には無理そうだ。もうすぐおいしい日本が公開される。

※週刊ポスト2022年10月7・14日号

関連記事

トピックス

山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
山本陽子さん、突然の訃報に周囲の驚き 旅立つ8日前には力士の激励パーティーに出席、ウオーキングで足腰を鍛え、近所付き合いも積極的だった
女性セブン
ファーストサマーウイカ(右)の大叔父はファッション評論家・石津謙介さん(時事通信フォト)
《『光る君へ』清少納言を好演》ファーストサマーウイカの大叔父は“メンズファッションの神様”だった「カジュアルという言葉の生みの親」
週刊ポスト
妻の細谷志保容疑者
【4歳女児毒殺事件】「引きこもり状態の妻」「毎月100万円単位のネットショッピング」「1時間以上の喧嘩」「何も言えない夫」逮捕夫婦の異様な支配関係
週刊ポスト
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン