芸能

B’z稲葉浩志の母、化粧品店経営でネット駆使の辣腕 ライブ配信も大人気

ライブ配信では軽やかに話す稲葉の母(右。写真はインスタより)と、稲葉(左)

ライブ配信では軽やかに話す稲葉の母(右。写真はインスタより)と、稲葉(左)

 透明感のある肌にぱっちりとした目元が印象的な高齢女性が、カメラに向かってほほ笑みを向ける。肩からさげたサコッシュの使用感を説明する口ぶりは、さながら通販番組のようだ。サコッシュには、大きく「178 INABA」とプリントされていた。

 9月23日、インスタグラムで、岡山県津山市にある「イナバ化粧品店」がライブ配信を行った。事前予告のない15分ほどの“サプライズ配信”だったにもかかわらず、視聴者はみるみる増えて、750人以上。

 その理由は、同店が、ロックバンド『B’z』のボーカル・稲葉浩志(58才)の実家であるからにほかならない。女性は、稲葉の母・邦子さんだ。ファンの間では「イナママ」として知られている邦子さんは、85才になるいまも同店の店先に立ち、「聖地」として訪れるファンの相手をしている。

「お店に行くと、イナママは必ずハグで迎えてくれるんです。帰りには“元気がなくなったら、また来てね”って励ましてくれる。稲葉さんの歌声はもちろん、イナママも私たちみんなに勇気をくれる存在なんです。いまでは、B’zファンでありイナママファンです」(50代ファン)

 実年齢に見合わないのは見た目だけにとどまらない。最近はスマホやインターネットを駆使し、ライブ配信も含めた「ネットビジネス」に辣腕を振るい、衰えない商魂を見せているという。スマホはもちろん最新機種だ。

「化粧品の説明の傍ら邦子さんが時折明かす稲葉さんのエピソードを目当てに、B’zファンがこぞって配信を視聴しているんです。おまけに、化粧品購入者にプレゼントするポーチやマルチケースといったオリジナルグッズの説明も上手で、高額商品でも思わず“欲しい”ってなっちゃいます」(40代ファン)

 冒頭の配信が行われたのは、稲葉の58才の誕生日当日だった。その日、邦子さんは稲葉の出産時のエピソードを明かした。

「予定日よりずっと早いんよ。10月が予定だったのに、早く出てきたから、急いで病院に行きました。(中略)小さい子だったんです。2600gで生まれて、退院するときは2500gしかなかった。1週間早く生まれた小さい子で、あまり大きくもならなかったけど、ふつうに成長して、皆さまからこんなに愛される子になって、本当にうれしいです」

 邦子さんは、ライブ配信を行った際には必ず稲葉に報告している。それに対して、稲葉はまめにスタンプで返信しているという。一方、テレビ番組や雑誌のインタビューで、稲葉が邦子さんや実家の商売に言及することはほとんどない。だがその陰で、不世出のロックスターは“母親思い”の一面を覗かせた。

「稲葉さんのサイン入り写真が、香水とセット売りされているのを見かけたことがあります。しかもその写真は、稲葉さんとイナママのツーショット。いくつも同じセットがあったので、たくさん書いたんでしょうね。イナママのためにせっせとサインを書いている稲葉さんの姿を想像するだけでニヤけます」(別の50代ファン)

 邦子さんに感謝しているのはファンだけではない。地元商店の店主が明かす。

「邦子さんや浩志くんが店を盛り上げようとしているのは、地元のためでもあるんです。2017年にB’zが凱旋公演を行った際には、記念広報誌にエッセイを寄稿してくれました」

 B’zは来年デビュー35周年を迎える。記念ライブはもちろん、イナママの“ライブ”にも期待したい。

※女性セブン2022年10月13日号

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
イノシシと格闘した秦野市役所の岩田雅弘氏
凶暴イノシシと戦った秦野市役所・課長代理が激白 「槍」で突いて駆除するまで
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン