芸能

中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実

互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり

互いに認め合い、激動の80年代を生き抜いた2人

 中森明菜が活動再開に向け動き出し、松田聖子も苦難を乗り越えステージに立ち続けている。今年の紅白歌合戦は、この2人が揃って歌声を届けてくれるかもしれない。振り返れば、新型コロナウイルスが蔓延し、世の中に絶望感が漂った2020年、松田聖子は明日への希望を込めて紅白3度目となる『瑠璃色の地球』を歌った。実は、中森明菜もこの曲を2002年にカバー、収録アルバム『ZEROalbum ─歌姫2』は大ヒットし、14年ぶりの紅白復帰を果たした。

 明菜はデビュー時から聖子の大ファンを公言しているが、“不仲”と書き立てられた頃もあった。聖子が結婚、出産で活動を抑えている頃、明菜は2年連続日本レコード大賞を受賞。聖子が本格的に復帰した1987年から“ライバル”と書く記事が急増した。1989年2月には『FRIDAY』がニューヨークでの聖子と近藤真彦の密会を報じると、当時明菜はマッチの恋人と言われていたため“不仲説”が盛んに飛び交うようになった。

『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)で司会を務めた古舘伊知郎は、「番組側は気を遣ったもんですよ。(スタジオに)明菜ちゃんと聖子ちゃんが入るなんていうとね、わざわざ両サイドに(離れて)立たせたりするわけですよ。アメリカとソビエトの冷戦時代を思わせた」(1995年3月12日放送『おしゃれカンケイ』日本テレビ系)と語っている。

 だが、この時の『おしゃれカンケイ』に出演した明菜は、「あれは作り話です。私、聖子さんのレコードほとんど持ってます」と告白。カラオケでモノマネをしながら『白いパラソル』を歌った。聖子は雑誌で「不仲ということはもちろんないわけで、どういうふうに言えばいいかな、認めあっている仲かしら。(中略)歌も素晴らしくて、私も大好きなんです」(1989年8月31日号『週刊明星』)と称賛していた。

 事実、明菜が1年ぶりに復帰した1990年には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)のパーティで2人は熱い抱擁を交わしている。2005年にも『HEY!! HEY!! HEY!!』(フジテレビ系)で明菜の提案からボウリング対決が行なわれ、視聴率15.4%を獲得した。

 激動の1980年代を生き抜いた聖子と明菜は、互いを認め合う“同志”だった。以下、当時の2人のエピソードを振り返ろう。

バブル前夜に萌芽した歌姫たちの人気と評価

 1980年代、NHKは無作為抽出で幅広い年代に「好きな歌手アンケート(男女別)」調査を実施し、紅白出場者選定の参考にしていた。松田聖子はデビューの1980年、引退フィーバーの巻き起こった山口百恵を抑えて、いきなり3位にランクインした。翌年は4位、翌々年は2位になり、1983年には圧倒的な歌唱力を誇った森昌子や都はるみを抑えてトップに躍り出て、時代を象徴する歌手であると証明した。

 一方の中森明菜は、1982年に13位でスタート、その翌年は4位にまで躍進。1984年から3年連続で2位となり、調査方法の変わった1987年も石川さゆりに次いで2位に輝いた。演歌勢が上位を占める中、2人はともに抜群の人気を誇った。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト