芸能

中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実

互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり

互いに認め合い、激動の80年代を生き抜いた2人

 中森明菜が活動再開に向け動き出し、松田聖子も苦難を乗り越えステージに立ち続けている。今年の紅白歌合戦は、この2人が揃って歌声を届けてくれるかもしれない。振り返れば、新型コロナウイルスが蔓延し、世の中に絶望感が漂った2020年、松田聖子は明日への希望を込めて紅白3度目となる『瑠璃色の地球』を歌った。実は、中森明菜もこの曲を2002年にカバー、収録アルバム『ZEROalbum ─歌姫2』は大ヒットし、14年ぶりの紅白復帰を果たした。

 明菜はデビュー時から聖子の大ファンを公言しているが、“不仲”と書き立てられた頃もあった。聖子が結婚、出産で活動を抑えている頃、明菜は2年連続日本レコード大賞を受賞。聖子が本格的に復帰した1987年から“ライバル”と書く記事が急増した。1989年2月には『FRIDAY』がニューヨークでの聖子と近藤真彦の密会を報じると、当時明菜はマッチの恋人と言われていたため“不仲説”が盛んに飛び交うようになった。

『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)で司会を務めた古舘伊知郎は、「番組側は気を遣ったもんですよ。(スタジオに)明菜ちゃんと聖子ちゃんが入るなんていうとね、わざわざ両サイドに(離れて)立たせたりするわけですよ。アメリカとソビエトの冷戦時代を思わせた」(1995年3月12日放送『おしゃれカンケイ』日本テレビ系)と語っている。

 だが、この時の『おしゃれカンケイ』に出演した明菜は、「あれは作り話です。私、聖子さんのレコードほとんど持ってます」と告白。カラオケでモノマネをしながら『白いパラソル』を歌った。聖子は雑誌で「不仲ということはもちろんないわけで、どういうふうに言えばいいかな、認めあっている仲かしら。(中略)歌も素晴らしくて、私も大好きなんです」(1989年8月31日号『週刊明星』)と称賛していた。

 事実、明菜が1年ぶりに復帰した1990年には『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)のパーティで2人は熱い抱擁を交わしている。2005年にも『HEY!! HEY!! HEY!!』(フジテレビ系)で明菜の提案からボウリング対決が行なわれ、視聴率15.4%を獲得した。

 激動の1980年代を生き抜いた聖子と明菜は、互いを認め合う“同志”だった。以下、当時の2人のエピソードを振り返ろう。

バブル前夜に萌芽した歌姫たちの人気と評価

 1980年代、NHKは無作為抽出で幅広い年代に「好きな歌手アンケート(男女別)」調査を実施し、紅白出場者選定の参考にしていた。松田聖子はデビューの1980年、引退フィーバーの巻き起こった山口百恵を抑えて、いきなり3位にランクインした。翌年は4位、翌々年は2位になり、1983年には圧倒的な歌唱力を誇った森昌子や都はるみを抑えてトップに躍り出て、時代を象徴する歌手であると証明した。

 一方の中森明菜は、1982年に13位でスタート、その翌年は4位にまで躍進。1984年から3年連続で2位となり、調査方法の変わった1987年も石川さゆりに次いで2位に輝いた。演歌勢が上位を占める中、2人はともに抜群の人気を誇った。

関連記事

トピックス

眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン
岸田文雄・首相がもくろむ「6月解散、7月総選挙」のシナリオとは(時事通信フォト)
岸田首相が突き進む、本気の「6月解散、7月総選挙」戦略 定額減税、夏のボーナス増額、株価高値更新で“布石”が揃う
週刊ポスト
TARAKO
【さくらももこさんとTARAKOさん】『ちびまる子ちゃん』の“生みの親”と“育ての親” 家族構成も生い立ちもそっくり、まる子が繋いだ不思議な縁
女性セブン
貴乃花、若乃花、曙
《誰も相撲界に残らず》曙太郎さん死去 「若貴」との“同期3横綱”が全員、角界を去らなければならなかった本当の理由
NEWSポストセブン
銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン