国際情報

多大な重責を担ったエリザベス女王 フィリップ殿下から教わった重圧を笑いに変える力

亡くなる2日前に行われたトラス新首相の任命式(写真/GettyImages)

亡くなる2日前に行われたトラス新首相の任命式(写真/GettyImages)

 9月19日に国葬が行われたエリザベス女王(享年96)。歴史と伝統を誇るイギリスの女王としての重責は、想像もつかないほど大きかったはずだ。家族や多くのお付きの人間に囲まれ、国民のみならず世界から敬意のまなざしを向けられていたとしても、自分以外に「英国女王」を担える人間はいない──70年の孤独と失望に耐えるには、「体の健康」にもまして「心の健康」が不可欠だった。

 1926年4月21日生まれのエリザベス女王の運命が大きく変わったのは1936年。この年、国王となった伯父のエドワード8世が離婚歴のあるアメリカ人・シンプソン夫人と結婚するため退位し、父のジョージ6世が即位した。伯父の「王冠を賭けた恋」により、女王は大英帝国の王位継承順位第1位となった。このとき、彼女は10才にして女王として生きる覚悟を決めたとされる。英王室に詳しいジャーナリストの多賀幹子さんが語る。

「自分が王になると思っていなかったジョージ6世は病弱で、ストレスも重なって56才の若さで亡くなります。10代のエリザベスは父と伯父を通して王室のあり方を肌で感じ取った。幼少期の経験が彼女のメンタルを強靭なものにしました」(多賀さん)

 1952年、エリザベス女王は「私の人生を常に奉仕に捧げる」との力強い言葉とともに、25才で即位した。「イギリスは女王の時代に栄える」との言い伝えのもと、国民の期待を一身に負っての船出だった。私生活では1947年に海軍士官だったフィリップ殿下と結婚し、翌年に長男・チャールズ王子(当時)、1950年に長女・アン王女、1960年に次男・アンドルー王子、1964年に三男・エドワード王子が生まれた。

 第二次大戦後、栄華を誇った大英帝国の威信が低下する中、幼い子供たちを抱えて公務をこなし、国内外を飛び回った。女王として妻として母として、超多忙な日々を過ごしながら「折れない心」をどう維持したのか。多賀さんが指摘するのは、「困難を笑いに変える力」だ。

「彼女は幾多の困難を『笑い』で乗り越えてきました。ポイントは夫の存在で、27才の女王が戴冠式でピリピリしているとき、フィリップ殿下は『あれ、その帽子(王冠)はどこで見つけたの?』とジョークで妻の緊張を和らげました。以来、殿下はいかなる苦境でも心温まるユーモアで、激務を続ける女王を癒してきた。女王もまた笑顔の大切さを学び、プレッシャーやストレスのかかる場面でこそ、ユーモアで心の健康を維持していました」(多賀さん)

 ファッションもポジティブマインドを育んだ。若い頃はブルーやイエロー、グリーンなど鮮やかな色彩を好み、年齢を重ねるとホワイトやシルバーに身を包んだ。精神科医の樺沢紫苑さんが指摘する。

「きちんとおしゃれやお化粧をして外出すると、軽い緊張感が生まれて脳が活性化します。他人の目を意識することは大切で、適度な緊張感は認知症のリスクを緩和します」

 似合う、似合わないを気にせず、服装を楽しむことが大事と訴えるのは、高齢者の医療に詳しい精神科医の和田秀樹さんだ。

「見栄えが若い服装をすると、気持ちが若返ります。『年寄りの若づくり』なんていわれる風潮もありますが、ポジティブに若返ろうとすると脳が刺激されて、奔放に生きようとする傾向が強くなります。ファッションに限りませんが、人の意見をあまり気にせず、“言いたい人には言わせておけ”と自分のやりたいことを貫くことがポジティブマインドにつながります」(和田さん)

 エリザベス女王にとって、ファッションは国民に向けたメッセージでもあった。

「女王は自分のためではなく、国民のためにファッションを準備していました。目立つ原色が多かったのは、自分を見るため何時間も待機している国民に、一瞬で『女王だ!』とわかってもらうため。華やかな原色を見て、国民の気持ちが明るくなることも願っていたのでしょう」(多賀さん)

 一方、1947年に結婚した際、終戦後の不況に苦しむ国民は配給券を手に長い行列に並び、生活物資を必死で確保していた。その様子を見た女王は国民感情に配慮して、一般の国民と同じ配給券で入手した絹やレースでウエディングドレスをあつらえたという。彼女の「国民ファースト」を物語るエピソードだ。

※女性セブン2022年10月13日号

多くの人がウィンザー城前に花を手向けた(写真/アフロ)

多くの人がウィンザー城前に花を手向けた(写真/アフロ)

結婚式では「自分だけ特別扱いは許されない」と配給券で入手した絹やレースで作られたドレスに身を包んだ(写真/GettyImage)

結婚式では「自分だけ特別扱いは許されない」と配給券で入手した絹やレースで作られたドレスに身を包んだ(写真/GettyImage)

緊張した面持ちから一転、フィリップ殿下のジョークで笑顔に。1953年(写真/GettyImage)

緊張した面持ちから一転、フィリップ殿下のジョークで笑顔に。1953年(写真/GettyImage)

エリザベス女王(写真/GettyImages)

エリザベス女王(写真/GettyImages)

シャーロット王女(写真/アフロ)

国葬で涙を浮かべるシャーロット王女(写真/アフロ)

関連キーワード

関連記事

トピックス

フジテレビ・伊藤利尋アナウンサー
『めざましテレビ』新メイン就任のフジ伊藤利尋アナ、どんな場面でも「完璧に仕切る」実力 局アナとして出演者やスタッフへの気遣いも
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
新CMの発表会に登壇したデヴィ夫人
【過去には金銭トラブルも】デヴィ夫人 「新CM会見」常識破りの「猫耳大サービス」
女性セブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン