スポーツ

桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響

アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない

アントニオ猪木をリスペクトする声は多い(時事通信フォト)

“燃える闘魂”アントニオ猪木(享年79)が亡くなった悲しみは、プロレス界のみならず日本中に広がっている。猪木の熱烈なファンである“猪木信者”は業界を問わず数多く、各界の第一人者たちがその影響を公言してきた。

 サザンオールスターズの桑田佳祐は10月1日に生放送されたラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM)で「親兄弟を失ったような感覚です。私の青春もこれで終わったよう」と、その喪失感を語った。「長らく音楽の道を歩んできた私ですが、影響を受けたモノは音楽だけにあらず。とりわけ、昭和のプロレスに心を奪われ、そのど真ん中にいたのが、アントニオ猪木さんでした」と述べ、ジャンルにとらわれない自身の音楽性に大きな影響を与えたと明かした。
 
 音楽界ではほかにも、ミスターチルドレンの桜井和寿も猪木ファンとして知られている。猪木が引退試合で朗読した「道」という詩に感動した桜井が、猪木本人に許可を取り、『one two three』という楽曲に引退試合での実際の朗読場面の音が収められている(2002年発売のアルバム『It’s a wonderful world』に収録)。

 ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトも幼少期からの“猪木信者”を公言するひとり。プロレス専門誌にたびたび登場しては猪木からの影響を語っており、『Gスピリッツ SPECIAL EDITION Vol.1 アントニオ猪木』では猪木の魅力についてこう熱弁を振るっていた。

「“リアル”ではなくて“究極のファンタジー”ということなんですよ。観る者に『これはファンタジーじゃないか?』という余裕すら与えない、否応なしに信じ込ませる超ファンタジーなんだよね。もう完全に引きずり込まれたよ」

 超ファンタジーとはリアリティーと同義であり、「“リアル”より“リアリティー”だ。それってリアルじゃなくてもリアルなんだよね」と続けた。甲本のザ・ハイロウズ時代の名曲『十四才』に出てくる「リアルよりリアリティ」というフレーズは、ここからの影響だろう。

 プロレスファンひしめくお笑い界でも屈指のマニアとして知られるのがくりぃむしちゅーの有田哲平。自身のツイッターで「日本のプロレスの礎を築き、牽引されたアントニオ猪木さん。リングの上で、そして生涯を通して、闘う姿と闘う魂を見せてくださり、本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と追悼した。有田にとって猪木は人生を変える存在だったと、ベテラン芸能ライターは言う。

「実は相方の上田晋也さんもプロレスファンで、有田さん以上の猪木信者だったんです。高校時代、上田がプロレスファンだと知った有田が『アントニオ猪木と(猪木の弟子の)前田日明、どっちが強いと思う?』と話しかけ、『猪木かな』と答える上田に『俺は前田だと思う』と有田が主張したやりとりが、2人の関係の始まりだったことは有名です。猪木がいなければコンビそのものが生まれていなかったわけです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン