スポーツ

桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響

アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない

アントニオ猪木をリスペクトする声は多い(時事通信フォト)

“燃える闘魂”アントニオ猪木(享年79)が亡くなった悲しみは、プロレス界のみならず日本中に広がっている。猪木の熱烈なファンである“猪木信者”は業界を問わず数多く、各界の第一人者たちがその影響を公言してきた。

 サザンオールスターズの桑田佳祐は10月1日に生放送されたラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM)で「親兄弟を失ったような感覚です。私の青春もこれで終わったよう」と、その喪失感を語った。「長らく音楽の道を歩んできた私ですが、影響を受けたモノは音楽だけにあらず。とりわけ、昭和のプロレスに心を奪われ、そのど真ん中にいたのが、アントニオ猪木さんでした」と述べ、ジャンルにとらわれない自身の音楽性に大きな影響を与えたと明かした。
 
 音楽界ではほかにも、ミスターチルドレンの桜井和寿も猪木ファンとして知られている。猪木が引退試合で朗読した「道」という詩に感動した桜井が、猪木本人に許可を取り、『one two three』という楽曲に引退試合での実際の朗読場面の音が収められている(2002年発売のアルバム『It’s a wonderful world』に収録)。

 ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトも幼少期からの“猪木信者”を公言するひとり。プロレス専門誌にたびたび登場しては猪木からの影響を語っており、『Gスピリッツ SPECIAL EDITION Vol.1 アントニオ猪木』では猪木の魅力についてこう熱弁を振るっていた。

「“リアル”ではなくて“究極のファンタジー”ということなんですよ。観る者に『これはファンタジーじゃないか?』という余裕すら与えない、否応なしに信じ込ませる超ファンタジーなんだよね。もう完全に引きずり込まれたよ」

 超ファンタジーとはリアリティーと同義であり、「“リアル”より“リアリティー”だ。それってリアルじゃなくてもリアルなんだよね」と続けた。甲本のザ・ハイロウズ時代の名曲『十四才』に出てくる「リアルよりリアリティ」というフレーズは、ここからの影響だろう。

 プロレスファンひしめくお笑い界でも屈指のマニアとして知られるのがくりぃむしちゅーの有田哲平。自身のツイッターで「日本のプロレスの礎を築き、牽引されたアントニオ猪木さん。リングの上で、そして生涯を通して、闘う姿と闘う魂を見せてくださり、本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と追悼した。有田にとって猪木は人生を変える存在だったと、ベテラン芸能ライターは言う。

「実は相方の上田晋也さんもプロレスファンで、有田さん以上の猪木信者だったんです。高校時代、上田がプロレスファンだと知った有田が『アントニオ猪木と(猪木の弟子の)前田日明、どっちが強いと思う?』と話しかけ、『猪木かな』と答える上田に『俺は前田だと思う』と有田が主張したやりとりが、2人の関係の始まりだったことは有名です。猪木がいなければコンビそのものが生まれていなかったわけです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン