スポーツ

桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響

アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない

アントニオ猪木をリスペクトする声は多い(時事通信フォト)

“燃える闘魂”アントニオ猪木(享年79)が亡くなった悲しみは、プロレス界のみならず日本中に広がっている。猪木の熱烈なファンである“猪木信者”は業界を問わず数多く、各界の第一人者たちがその影響を公言してきた。

 サザンオールスターズの桑田佳祐は10月1日に生放送されたラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(TOKYO FM)で「親兄弟を失ったような感覚です。私の青春もこれで終わったよう」と、その喪失感を語った。「長らく音楽の道を歩んできた私ですが、影響を受けたモノは音楽だけにあらず。とりわけ、昭和のプロレスに心を奪われ、そのど真ん中にいたのが、アントニオ猪木さんでした」と述べ、ジャンルにとらわれない自身の音楽性に大きな影響を与えたと明かした。
 
 音楽界ではほかにも、ミスターチルドレンの桜井和寿も猪木ファンとして知られている。猪木が引退試合で朗読した「道」という詩に感動した桜井が、猪木本人に許可を取り、『one two three』という楽曲に引退試合での実際の朗読場面の音が収められている(2002年発売のアルバム『It’s a wonderful world』に収録)。

 ザ・クロマニヨンズの甲本ヒロトも幼少期からの“猪木信者”を公言するひとり。プロレス専門誌にたびたび登場しては猪木からの影響を語っており、『Gスピリッツ SPECIAL EDITION Vol.1 アントニオ猪木』では猪木の魅力についてこう熱弁を振るっていた。

「“リアル”ではなくて“究極のファンタジー”ということなんですよ。観る者に『これはファンタジーじゃないか?』という余裕すら与えない、否応なしに信じ込ませる超ファンタジーなんだよね。もう完全に引きずり込まれたよ」

 超ファンタジーとはリアリティーと同義であり、「“リアル”より“リアリティー”だ。それってリアルじゃなくてもリアルなんだよね」と続けた。甲本のザ・ハイロウズ時代の名曲『十四才』に出てくる「リアルよりリアリティ」というフレーズは、ここからの影響だろう。

 プロレスファンひしめくお笑い界でも屈指のマニアとして知られるのがくりぃむしちゅーの有田哲平。自身のツイッターで「日本のプロレスの礎を築き、牽引されたアントニオ猪木さん。リングの上で、そして生涯を通して、闘う姿と闘う魂を見せてくださり、本当にありがとうございました。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と追悼した。有田にとって猪木は人生を変える存在だったと、ベテラン芸能ライターは言う。

「実は相方の上田晋也さんもプロレスファンで、有田さん以上の猪木信者だったんです。高校時代、上田がプロレスファンだと知った有田が『アントニオ猪木と(猪木の弟子の)前田日明、どっちが強いと思う?』と話しかけ、『猪木かな』と答える上田に『俺は前田だと思う』と有田が主張したやりとりが、2人の関係の始まりだったことは有名です。猪木がいなければコンビそのものが生まれていなかったわけです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン