スポーツ

アントニオ猪木さん、闘病中に語った胸中「ファンはギブアップを許してくれない」

(共同通信社)

難病と闘い続けた猪木さん(共同通信社)

 難病と闘い続けた“燃える闘魂”アントニオ猪木さん(享年79)。生前の活躍はプロレス界にとどまらず、政界や実業界にもその名を轟かせた。私生活では4人の女性と結婚するなど、激しく生きた男がこの世を去った。

「(頑張っての激励が)いちばんのおれの敵なの。でも、敵がいる限りいいじゃないですか」

 死の10日前、自身のYouTubeチャンネル「最後の闘魂」で、残された力を振り絞るように語ったアントニオ猪木さん。日本のプロレス界を牽引し、国会議員としても活躍した猪木さんが10月1日、心不全のため永眠した。突然の訃報に著名人からもお悔やみの声があふれた。

「私にとって、永遠のスーパースターでございます」

 サザンオールスターズの桑田佳祐(66才)はそう語り、フリーアナウンサーの徳光和夫(81才)は「目をとじれば、思い出は尽きない」としのんだ。数々の名実況で名を馳せた古舘伊知郎(67才)は「猪木さんがいなくなった世界はとてもさびしいです」とツイートした。

 この数年、猪木さんは「心アミロイドーシス」という難病と闘っていた。たんぱく質由来のアミロイドが臓器に沈着することによって機能障害が引き起こされる病気で、発症のメカニズムは不明。猪木さんはアミロイドが心臓にたまる症状だった。

「10万人に1人とされる難病を抱えながら、体調がいい日は撮影や取材に応じ、8月末には『24時間テレビ』(日本テレビ系)にも出演しました。数年前から入退院を繰り返し、自宅療養に切り替えたのは昨年8月。亡くなる前日から寝たきりになり、静かに旅立ったそうです」(猪木さんの知人)

9月21日に撮影された闘病姿。YouTubeチャンネル『最後の闘魂』より

9月21日に撮影された闘病姿。YouTubeチャンネル『最後の闘魂』より

 晩年の闘病生活は壮絶だった。昨年11月、NHKで放送されたドキュメンタリー『燃える闘魂 ラストスタンド』を監修したプロレスライターの瑞佐富郎さんが語る。

「取材クルーが病院に行くと、猪木さんは無理して立とうとしたり、ジョークを言うんです。『頑張る姿を見せないと』と話していましたが、本当はかなりつらかったでしょうね。オンエアでは使われませんでしたが、病院の看護日誌には猪木さんが自死をほのめかしたときの言葉も記されていました」

 昨年11月、猪木さんは『女性セブン』記者に苦しい胸中をこう語った。

「寝てもだめ、立ってもつらい、そういう感じなんでね。天井(の模様)を数えながら、いつも何遍も自問自答するんですよ。なんでこんな苦しい思いさせてくれんのと。『元気ですかー!!』ってやりたいけど、元気も言えないくらいきついときがありますから。

 人は死ぬときは簡単に死ねるのに、生きていくのがなぜこんなにつらいのか……。それでも、いまはしっかり両足をつけて私らしく最後まで闘いたい。ファンはギブアップを許してくれないからね」

 最期まで“燃える闘魂”を貫いた生涯だった。

※女性セブン2022年10月20日号

関連記事

トピックス

愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
W杯に連続出場しているクリスチアーノ
ロナウドの2ショット(写真/Getty Images)
W杯で活躍するスター選手たち パートナーや家族とのゴージャスショット
女性セブン
スーパーセーブを見せてくれた権田選手(Sipa USA/時事通信フォト)
【W杯】日本の守護神・権田修一が「勝利直後」にカタールから日本の漫画家に送っていたメッセージ
NEWSポストセブン
上海のウルムチ路でデモは起こった
東京・新宿の「習近平退陣デモ」参加者が証言「日本に来てようやく中国共産党の恐ろしさを知った」
NEWSポストセブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
みんなで応援(左から田中碧、鈴木愛理、鈴木亨。PAImages/時事、時事通信フォト)
スペイン戦決勝点・田中碧、鈴木愛理との交際にプロゴルファー父・鈴木亨も強力サポート
週刊ポスト
ハイタッチする人々
【W杯 渋谷の狂騒】スポーツバーではナンパ目的の大学生に「お前ら帰れや!」と怒号、試合後にはゴミ散乱
NEWSポストセブン
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
長井秀和が語る“芸能界と創価学会”「入信すれば仕事がもらえるほど甘くない」
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
宮澤エマがスマイル
『鎌倉殿』実衣役の宮澤エマ 下積み時代も“宮澤喜一の孫”を売りにはしなかった
NEWSポストセブン