スポーツ

アントニオ猪木さん、闘病中に語った胸中「ファンはギブアップを許してくれない」

(共同通信社)

難病と闘い続けた猪木さん(共同通信社)

 難病と闘い続けた“燃える闘魂”アントニオ猪木さん(享年79)。生前の活躍はプロレス界にとどまらず、政界や実業界にもその名を轟かせた。私生活では4人の女性と結婚するなど、激しく生きた男がこの世を去った。

「(頑張っての激励が)いちばんのおれの敵なの。でも、敵がいる限りいいじゃないですか」

 死の10日前、自身のYouTubeチャンネル「最後の闘魂」で、残された力を振り絞るように語ったアントニオ猪木さん。日本のプロレス界を牽引し、国会議員としても活躍した猪木さんが10月1日、心不全のため永眠した。突然の訃報に著名人からもお悔やみの声があふれた。

「私にとって、永遠のスーパースターでございます」

 サザンオールスターズの桑田佳祐(66才)はそう語り、フリーアナウンサーの徳光和夫(81才)は「目をとじれば、思い出は尽きない」としのんだ。数々の名実況で名を馳せた古舘伊知郎(67才)は「猪木さんがいなくなった世界はとてもさびしいです」とツイートした。

 この数年、猪木さんは「心アミロイドーシス」という難病と闘っていた。たんぱく質由来のアミロイドが臓器に沈着することによって機能障害が引き起こされる病気で、発症のメカニズムは不明。猪木さんはアミロイドが心臓にたまる症状だった。

「10万人に1人とされる難病を抱えながら、体調がいい日は撮影や取材に応じ、8月末には『24時間テレビ』(日本テレビ系)にも出演しました。数年前から入退院を繰り返し、自宅療養に切り替えたのは昨年8月。亡くなる前日から寝たきりになり、静かに旅立ったそうです」(猪木さんの知人)

9月21日に撮影された闘病姿。YouTubeチャンネル『最後の闘魂』より

9月21日に撮影された闘病姿。YouTubeチャンネル『最後の闘魂』より

 晩年の闘病生活は壮絶だった。昨年11月、NHKで放送されたドキュメンタリー『燃える闘魂 ラストスタンド』を監修したプロレスライターの瑞佐富郎さんが語る。

「取材クルーが病院に行くと、猪木さんは無理して立とうとしたり、ジョークを言うんです。『頑張る姿を見せないと』と話していましたが、本当はかなりつらかったでしょうね。オンエアでは使われませんでしたが、病院の看護日誌には猪木さんが自死をほのめかしたときの言葉も記されていました」

 昨年11月、猪木さんは『女性セブン』記者に苦しい胸中をこう語った。

「寝てもだめ、立ってもつらい、そういう感じなんでね。天井(の模様)を数えながら、いつも何遍も自問自答するんですよ。なんでこんな苦しい思いさせてくれんのと。『元気ですかー!!』ってやりたいけど、元気も言えないくらいきついときがありますから。

 人は死ぬときは簡単に死ねるのに、生きていくのがなぜこんなにつらいのか……。それでも、いまはしっかり両足をつけて私らしく最後まで闘いたい。ファンはギブアップを許してくれないからね」

 最期まで“燃える闘魂”を貫いた生涯だった。

※女性セブン2022年10月20日号

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン