国内

「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)

 岸田文雄首相の長男・翔太郎氏(31)が政務担当の首相秘書官に起用された。10月5日の衆院代表質問で首相自ら「適材適所の観点から総合的に判断した」と説明したことが火に油を注ぐかたちとなり、早くも厳しい船出となっているこの突然の人事発表に「驚きましたと言うのが、翔太郎氏の慶大時代の友人だ。その背景には、ともに政界で活躍する「同級生」の存在があるようだ。 

  翔太郎氏の大学時代の同級生が語る。 

 岸田くんは学生時代は地味な印象で、周囲もお父さんが有名な政治家らしいというくらいの反応でした。むしろ僕らの代では“政治家のジュニア”と言えば岸信千世くん(31)のほうでしたからね。大学4年生の時には、“安倍(晋三)首相の甥っ子がフジテレビに入社するらしい”という噂がキャンパスでかなり広まっていましたよ 

  翔太郎氏は岸田首相の地元である広島県・修道高から慶大法学部政治学科に入学。2014年に卒業すると三井物産に入社している。その後、2020年からは岸田氏の議員事務所で公設秘書を務めてきた。 

  一方、安倍元首相の甥で岸信夫・首相補佐官の息子である信千世氏は附属の慶応義塾高校から慶大商学部に進学。2014年にフジテレビに入局し、社会部の記者として活躍。2020年からは防衛大臣だった信夫氏の大臣秘書官を務めた。 

  この2人、同じタイミングで社会人となり、奇遇なことに同じ年に退社して父親の秘書に転身しているのだ。しかし、学生時代の2人をどちらも知っているという前出の同級生の印象は「真逆に近い」という。 

 岸田くんはバドミントンのサークルに入っていて、髪こそ明るい茶髪にしていましたがみんなの前で積極的に騒ぐタイプというよりは大人しい真面目な印象でした。一方の信千世くんは、まず身長が180センチ以上あるので目立っていました。準硬式野球部に所属するスポーツマンで、口が立つタイプ。当時から信千代くんが安倍首相の甥だということはみんな知っていましたが、本人もそれを理解していて飲みの場では自らネタにしてしまうような明るい性格でしたよ。2人は真逆のタイプでしたが、やっぱり政治家の家の人はその道に進むんだなと感慨深いですね 

  安倍元首相と岸田首相はともに「新党ブームで自民党に大逆風が吹いた1993年の衆院選で初当選した「同期組」だ奇しくもその“後継者候補”と目される2人は同じ大学で学び、それぞれ首相秘書官、大臣秘書官という職に就いた。果たして、2人の首相と同じように彼らも“当選同期”となる未来が訪れるのか──。

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン