芸能

元たま・石川浩司が語る“人生を変えた1年”「イカ天5週勝ち抜きの秘密」「今もギリギリ食えています(笑)」【前編】

(写真/横田紋子)

ランニング姿で登場した石川さん(写真/横田紋子)

 ランニング姿で陽気な表情を見せる彼の名は石川浩司(61)さん。1990年代に活躍したバンド『たま』では、ボーカルとパーカションを担当していた。たまは1989年に放送された深夜番組『三宅裕司のいかすバンド天国(以下、イカ天)』(TBS)に出演し、翌年には『さよなら人類』の大ヒットで紅白にも出場。そのたまの軌跡を漫画化した『「たま」という船に乗っていた』(双葉社)は、今年7月に発行されるやいなや『王様のブランチBOOKRANKING』(TBS)で3位にランキングされるなど、今も変わらぬ人気ぶりを見せた。

 今回は、『「たま」という船に乗っていた』の原作者でもある石川さんに、当時のエピソードを語って貰った。【前後編の前編】

たまファンが、たまのエピソードを漫画化

たま時代のエピソードを語る石川さん(写真/横田紋子)

たま時代のエピソードを語る石川さん(写真/横田紋子)

──たまの軌跡を漫画化されたきっかけは何でしたか?

「たまは2003年に解散したんですけども、色々と面白い話があるので“文章で書き残した方がいい”って思ったんです。解散した翌年の2004年に漫画の原作となる本を出版しました。この原作本を読んだ漫画家の原田高夕己さんから連絡が来たんです。彼はたまのファンで、漫画として描きたいと言ってきた。最初は出版社も決まっていなくて、twitterで連載し始めたんですね。そこから発売が決まりました」

──漫画の中には『イカ天』に出演された日付など正確に書かれていますが、どのようにして調べたのですか?

「みんなで総力を挙げて調べました。特にアマチュア時代の資料はそんなに残ってないんですよね。当時はネットもなかったので記録がない。僕の日記や、昔のファンが持っていたチラシを照らし合わせたりしました。でもそこでも食い違っていることが合ったり……(笑)。本当に100%正解かどうかわからないんですけど。ほぼ事実だろうということが書かれています」

──1990年代に社会現象となった『バンドブーム』などの世相を知る上でも、資料的な価値がありますね。

「僕ら『ホコ天』(注:1990年代、原宿の歩行者天国ではバンドが自由に演奏していた)には出ていないし、結局バンドブームとは全然関係ないところにいた感じがしますね。たまは全員がソロシンガーだったんです。それがバンドごっこをやっているうちにバンドになっていった。いわゆる“バンドが流行っているからバンドをやってみよう!”っていう感じではなかったですね(笑)」

──たまのメンバーには内容の確認はされているのですか?

「最初の原作本を出した時に、知久(知久寿焼・たまのボーカル、ギター)と滝本(滝本晃司・たまのベース)には原稿をチェックしてもらっているんです。今回、漫画化するにあたってメンバー3人にもちゃんと許可をもらっています。でもわざわざメールで感想を送ってくるような人たちじゃないので、どう思っているかわからないけど(笑)」

──漫画の中では、奥様になられたR嬢さんとのエピソードも描かれています。奥様からの反響はどうでしたか。

「彼女とは『イカ天』に出る前に結婚しているんです。結婚した時は、妻は“この人はずっとアマチュアでバンドをやっているんだろうな”って思っていたはず。当時はバイトで10万円ぐらいの収入しかなかったし、向こうは僕の2倍か3倍は給料をもらっていた。だから半分ヒモ気分でいましたよね(笑)。それが、『イカ天』に出てガラッと変わっちゃったんですよね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
「納税は個人の自由だろ!」燃え盛る「#確定申告ボイコット」の声 税務署ではクレーム続出 涙目で「なぜ生活が苦しい私たちから…」という女性も
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン