芸能

元たま・石川浩司が語る“人生を変えた1年”「イカ天5週勝ち抜きの秘密」「今もギリギリ食えています(笑)」【前編】

(写真/横田紋子)

ランニング姿で登場した石川さん(写真/横田紋子)

 ランニング姿で陽気な表情を見せる彼の名は石川浩司(61)さん。1990年代に活躍したバンド『たま』では、ボーカルとパーカションを担当していた。たまは1989年に放送された深夜番組『三宅裕司のいかすバンド天国(以下、イカ天)』(TBS)に出演し、翌年には『さよなら人類』の大ヒットで紅白にも出場。そのたまの軌跡を漫画化した『「たま」という船に乗っていた』(双葉社)は、今年7月に発行されるやいなや『王様のブランチBOOKRANKING』(TBS)で3位にランキングされるなど、今も変わらぬ人気ぶりを見せた。

 今回は、『「たま」という船に乗っていた』の原作者でもある石川さんに、当時のエピソードを語って貰った。【前後編の前編】

たまファンが、たまのエピソードを漫画化

たま時代のエピソードを語る石川さん(写真/横田紋子)

たま時代のエピソードを語る石川さん(写真/横田紋子)

──たまの軌跡を漫画化されたきっかけは何でしたか?

「たまは2003年に解散したんですけども、色々と面白い話があるので“文章で書き残した方がいい”って思ったんです。解散した翌年の2004年に漫画の原作となる本を出版しました。この原作本を読んだ漫画家の原田高夕己さんから連絡が来たんです。彼はたまのファンで、漫画として描きたいと言ってきた。最初は出版社も決まっていなくて、twitterで連載し始めたんですね。そこから発売が決まりました」

──漫画の中には『イカ天』に出演された日付など正確に書かれていますが、どのようにして調べたのですか?

「みんなで総力を挙げて調べました。特にアマチュア時代の資料はそんなに残ってないんですよね。当時はネットもなかったので記録がない。僕の日記や、昔のファンが持っていたチラシを照らし合わせたりしました。でもそこでも食い違っていることが合ったり……(笑)。本当に100%正解かどうかわからないんですけど。ほぼ事実だろうということが書かれています」

──1990年代に社会現象となった『バンドブーム』などの世相を知る上でも、資料的な価値がありますね。

「僕ら『ホコ天』(注:1990年代、原宿の歩行者天国ではバンドが自由に演奏していた)には出ていないし、結局バンドブームとは全然関係ないところにいた感じがしますね。たまは全員がソロシンガーだったんです。それがバンドごっこをやっているうちにバンドになっていった。いわゆる“バンドが流行っているからバンドをやってみよう!”っていう感じではなかったですね(笑)」

──たまのメンバーには内容の確認はされているのですか?

「最初の原作本を出した時に、知久(知久寿焼・たまのボーカル、ギター)と滝本(滝本晃司・たまのベース)には原稿をチェックしてもらっているんです。今回、漫画化するにあたってメンバー3人にもちゃんと許可をもらっています。でもわざわざメールで感想を送ってくるような人たちじゃないので、どう思っているかわからないけど(笑)」

──漫画の中では、奥様になられたR嬢さんとのエピソードも描かれています。奥様からの反響はどうでしたか。

「彼女とは『イカ天』に出る前に結婚しているんです。結婚した時は、妻は“この人はずっとアマチュアでバンドをやっているんだろうな”って思っていたはず。当時はバイトで10万円ぐらいの収入しかなかったし、向こうは僕の2倍か3倍は給料をもらっていた。だから半分ヒモ気分でいましたよね(笑)。それが、『イカ天』に出てガラッと変わっちゃったんですよね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

伊藤沙莉は商店街でも顔を知られた人物だったという(写真/AFP=時事)
【芸歴20年で掴んだ朝ドラ主演】伊藤沙莉、不遇のバイト時代に都内商店街で見せていた“苦悩の表情”と、そこで覚えた“大人の味”
週刊ポスト
総理といえど有力な対立候補が立てば大きく票を減らしそうな状況(時事通信フォト)
【闇パーティー疑惑に説明ゼロ】岸田文雄・首相、選挙地盤は強固でも“有力対立候補が立てば大きく票を減らしそう”な状況
週刊ポスト
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
新アルバム発売の倖田來未 “進化した歌声”と“脱がないセクシー”で魅せる新しい自分
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン