『イカ天』で一気にスターダムへ

ブレイクをきっかけに変わった生活(写真/横田紋子)

ブレイクをきっかけに変わった生活(写真/横田紋子)

──本の中では、『イカ天』出演にまつわるエピソードについても詳しく書かれていますが、もともとはスタッフが応募したのですよね。

「『イカ天』に出るか、出ないかはメンバー内でもいろいろ話し合いをしたんです。僕らだけだったら優柔不断で応募しなかったと思いますね。でもスタッフが番組にテープを送ったら、すぐに返事が来たんです。どうやら番組制作の人たちがたまのことを知っていたらしくて、“もう来週来てくれ”みたいな感じで決まりましたね」

──『イカ天』はチャレンジャーになって、さらにキングに選ばれないと、次回は出演ができないというルールでしたが、一曲しか演奏ができないかもしれない中で、なぜ演奏曲を『さよなら人類』ではなく『らんちう』を選ばれたのですか?

「たまの曲には『さよなら人類』みたいなポップな曲の方がむしろ少なくて、『らんちう』みたいな暗い曲が多かった。『らんちう』の方が、ほかの曲よりアングラっぽい。たまの根っこに近いって思ったんです。

『イカ天』の出演も、勝ち抜こうというつもりはなかったので、一番コアなものを出して、“これが好きな人がいたら、地方のライブでも動員が増えるかな”程度にしか思っていなかったんです」

──メンバー内でも、『らんちう』で行こうとすんなり決まったのですか?

「あの曲は知久がメインボーカルで、途中には柳原(柳原幼一郎・たまのボーカル・オルガン)のセリフがあって、僕も動きが派手だし、それぞれの見せ場もあるな……っていうのも大きかったですね」

──審査員だったオペラ歌手の中島啓江さんが「能ある鷹は爪を隠す」と最初の段階から褒めていましたよね。審査員の言葉は覚えていますか。

「なんとなく覚えていますね。最近はYouTubeに動画もアップされているし、つい見ちゃう(笑)。あれはね、タイミングが良かったんですよ。ちょうど家庭用ビデオデッキが普及し始めた時期だったんです。だから今でも知られているのだと思いますね」

──グランドイカ天キングをかけた勝負の5週目(メジャーデビューが約束される)ですが、演奏をしない曲を選ばれましたよね。

「5週目はもう勝っても負けても出るのが最後なので、それだったらいっそ盛大に負けてやろうと思っていたんです。だってバンド合戦なのに、楽器がギター1本しかない曲で出演したのに勝っちゃったんですよ。審査員も視聴者も最後にぎゃふんと言わせて、最後の最後にこれか……というオチのつもりでやったんですけどね。

 特別審査員だった大島渚監督が『こういうのが本当に凄いんだよ』ってべた褒めしちゃったから、他の人も下手なことは言えないぞって感じだったんじゃないかな(笑)」

──『イカ天』のなかでも、たまと挑戦者のマルコシアス・バンプ(1990年代に活動した実力派ロックバンド)との勝負は名場面だったという視聴者も多いと思います。

「やっぱりディレクターが5週目のそのグラウンドキングになるかどうかというときには、強い相手を見つけようって言って、チャレンジャーの最有力候補だったマルコシアス・バンプをわざと出したって言っていましたね。ジャンルが違う僕でも名前聞いたことあるぐらい有名なバンドで、いつメジャーデビューしてもおかしくないって言われていた。だからたまが勝つとは思っていなかったですね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン