芸能

ぽっちゃり子役・細山クン 慶応卒、ゴールドマンサックス勤務「年収1150万円」捨て起業準備中 いじめ経験から得た信念とは

ぽっちゃり子役だった細山クン(写真/藤岡雅樹)

ぽっちゃり子役だった細山クン(写真/藤岡雅樹)

 20年ほど前、教育バラエティ番組『世界一受けたい授業』(日本テレビ)や子供向けバラエティ番組『おはスタ』(テレビ東京)などで活躍していた、丸ぽちゃ体型にメガネの男の子がいた。“細山クン”こと細山貴嶺(たかね)さん(27)だ。蝶ネクタイにサスペンダーといったオシャレな衣装が、ちょっと生意気なお坊っちゃまキャラによく似合っていた。今ではすっかりテレビで見なくなってしまったが、細山さんのその後はどうなっているのだろうか。東京都内で細山さんに会って話を聞いた。

 * * *
 27歳になった細山さんは、誰だかわからないほどスッキリと痩せていた。本当にあの細山クン!? 格好いい、爽やかイケメンに変身している。

「ピークの体重は108キロあったのですが、中学3年のときに一念発起してダイエットを始め、ランニングなどの運動と食事制限、レコーディング(食事の記録)で、高校1年のときには夏休みの2か月で30キロ落としました。夏休みが明けて登校したら、『転入生がいる』と思われたほど容姿が変わって(笑い)。その後、63キロまで落としたのに、大学受験のストレスで80キロ台まで増え、入学後にまたダイエットして……などと激しく増減を繰り返し、今は173センチ、58キロです」

幼少期の様子(細山さん提供)

幼少期から丸ぽちゃ体型(細山さん提供)

 両親の方針で小学校からインターナショナルスクールに通い、大学は慶應義塾の法学部政治学科に見事、現役合格。高学歴でこの容姿、しかも元芸能人となれば、大学時代はモテてしょうがなかったに違いない。

「全然モテませんでした(笑い)。モテたい気持ちもあってダイエットしたので、期待していたんですけどね。大学時代は合コンも一度も行きませんでした。僕はガツガツしていない草食系で奥手だし、どちらかというと3枚目キャラなので、どうも女性には男の子として認識されないタイプみたいです」

 大学時代にはカリフォルニア大学サンディエゴ校に1年留学。もともと英語は得意なうえ、さらに磨きをかけた。帰国後は大学卒業と同時に芸能界を引退し、米国系金融機関、ゴールドマン・サックス(GS)証券に就職。六本木ヒルズで英語を駆使して働く、バリバリのエリートビジネスマンに変身していたのだ。

「オペレーションズ部門(業務統括本部)で日本国債の決済などの業務を担当していました。ただ、3年弱で外資系生命保険会社傘下の資産運用会社に転職したんです。GSではバックオフィス業務(後方支援)だったので、トレーダーやリサーチ、セールスなど顧客と関わるフロント職で、実際にビジネスを動かす仕事をしたいと思い、在籍中に米国証券アナリスト(CFA)の1次試験に合格しました。

 ところが、GSでは試験で学んだことを活かすことができず、活かせる仕事がしたいなあと思っていたところ、エージェントから声をかけていただいたんです。資産運用会社では証券アナリストとして大企業などの資産運用を手がけ、年収はGS時代の910万円から950万円に上がり、直近では1150万円でした」

関連記事

トピックス

名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
(写真/GettyImages)
花粉症の薬、安易に服用し続けることのリスク「急に乱暴に」「認知機能低下」の例も
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン