国内

「露出しちゃってもいいかな、マスクしてるから」渋谷ハロウィンに“過激コスプレで初参戦”若い女性が殺到した理由

マスク×コスプレの新スタイル(本人に許可をとって撮影)

マスク×コスプレの新スタイル(本人に許可をとって撮影)

 10月31日20時、ハロウィンの夜。東京・渋谷のスクランブル交差点周辺は、コスプレ姿の男女が入り乱れ興奮のるつぼとなっていた。渋谷センター街の入り口には監視台が設置され、拡声器を持った警察官が「立ち止まらないでください! 写真を撮らないでください!」と繰り返し叫ぶも、群衆の歓声やスマホでお互いの姿を撮る様子がやむことはなかった。

 目立つのは、マスクをしながらも、露出の多いコスプレ姿の女性たちだ。片手に手錠をぶら下げ、ミニスカートの制服に身を包んだ女性ふたり組は、こう話した。

「(渋谷のハロウィンは今回が)初参戦です。マスクしてるから露出しちゃっても恥ずかしくないし、いいかなって。顔はわりと隠れてるし。コロナで楽しいことあんまりなかったから、今年は想い出作りにきた」

 学校の制服に身を包むマスク姿の女性は、昨年高校を卒業をしたという19歳。こちらも渋谷のハロウィンには初めて来たという。

「制服着たいと思って、やっぱここ来るでしょって。外国人の人いっぱいいるけど、みんなノリいいしテンション高いしヤバい! 高校(に通ってるときは)コロナだったから。はしゃげることは普通に最高でしょ」

 往来でコスプレ姿の女性に頻繁に声をかけていた20代後半の男性は、今年のハロウィンの印象について「若い子、多いですよ」と話した。

「23時過ぎるとまた人の層も変わってくるはずだけど、この時間(20時前後)は学校帰りの“天然JK(女子高生)”も普通にいるし、今年は若い子いっぱいいるなーって印象ですね。俺は毎年来てるけど、今年は全然活気が違う。コロナ前より来てるくらいの感触。やっぱハロウィンは女の子が主役ですからね。そりゃ俺らも嬉しいっすよ!

 マスク付けてる女の子は、やっぱり多いですね。『写真撮って!』って誘うと、それまでマスクしてなかった子も『ちょっと待って』ってマスクつけますよ(笑)」

 コロナで文化祭や修学旅行が中止になり、学生時代ならではの“思い出作り”ができなかった若者たち。口元はマスクで隠し、身体の露出は大胆に──。コロナ明けの「ニューハロウィン」は、そんな彼女たちにとって久しぶりの“堂々とはしゃげる場所”だったからこそ、韓国・ソウルでの悲劇があってもこれだけの人が集まったのだろう。

「初めて来ました」と話した(本人に許可を得て撮影)

「初めて来ました」と話した(本人に許可を得て撮影)

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン