国際情報

北朝鮮 朝鮮労働党党員300万人中50万人が党員活動に参加せず、資格剥奪寸前に

党員活動に参加できなくなった理由は?

党員活動に参加できなくなった理由は?

 北朝鮮では2020年から2年半の間に朝鮮労働党の党員約300万人のうち50万人が党員活動に参加できなくなっていることが明らかになった。この間、新型コロナウイルスの感染が拡大し、中国との国境を閉鎖したことから、輸入がストップし、食糧や生活必需品、石油などのエネルギーが極度に不足。市民は生活苦にあえぎ、党活動どころではなくなってしまったからだという。米政府系報道機関「ラヂオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 北朝鮮の党員数は全人口2200万人の約7分の1で、党や政府、軍の中央幹部以外は「党細胞」といわれ、ほとんどが地域住民の集会をまとめるなどの末端幹部とされる。

 党員は毎週1回の自己批判会への出席を義務付けられているが、この2年半の間は無断で欠席する党員が多く、3回欠席すると、上級幹部から警告を受け、半年以上欠席し続けると党員資格を剥奪される決まりになっている。

 最近では、党員資格を剥奪状態の党員が総数の6分の1の50万人以上に達しているが、朝鮮労働党指導部は一党独裁体制を維持するために、これらの党員については、党員資格はく奪を猶予している状態だ。

 これらの党員が活動をサボっているのは党や金正恩朝鮮労働党委員長への忠誠を誓うよりも、毎日の食事の糧を見つけなければならないからだ。

 ある党員はRFAに対して、「党幹部は国民がどんなにみじめな生活をしているのかには無関心だ。幹部は人々の生活を改善する方策を見つけようとするのではなく、末端の党員や住民に無条件で服従を強いるだけだ」と当局の姿勢を批判している。

 党員は、かつては食糧の配給量から住宅、医療施設、休暇や旅行証の発行などで特別の扱いを受けていたが、新型コロナウイルスの感染拡大が続いたことから、これらの特権は絵に描いた餅となり、末端幹部らは日常生活を維持することさえままならなくなっているという。

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト