芸能

《キンプリ平野紫耀が脱退・退所を発表》ツアー最終日に見せた涙の背景に「ジャニーさんとの約束」

平野紫耀

スマホを片手に歩く平野紫耀

 11月4日、5人組アイドルグループのKing & Prince(以下、キンプリ)から平野紫耀(25)、神宮寺勇太(25)、リーダーの岸優太(27)が脱退することが発表された。キンプリは2023年5月22日で、5人での活動を終了。平野・神宮寺・岸は、同日でキンプリを脱退し、平野と神宮寺はジャニーズ事務所を退所。岸も2023年秋に退所するという。残された永瀬廉(23)と高橋海人(23)は、2023年5月23日から2人でキンプリとして活動する。

 キンプリは2015年に結成。当初は「Mr.King vs Mr.Prince」というグループ名で、「Mr.KING」と「Mr.Prince」という、2021年に脱退した岩橋玄樹を含めた3人組のユニット同士が競い合うコンセプトだった。

 2017年9月、事務所内で “もうデビューは打ち止め”という噂もささやかれているタイミングで、平野はイチかバチかの覚悟で故・ジャニー喜多川氏に直談判し、「6人でデビューしたい」という情熱をぶつけた。ジャニー氏も初めは「(平野は)ソロがいいんじゃない?」と言っていたが、最終的には「2組にはそれだけの人気と実力もある」と納得。2018年にデビューするに至った。

 キンプリは、ジャニー氏が生涯最後にデビューさせたグループ。ジャニー氏は、「Youたちは自分たちで全部決めてやればいいから、きっとそれが正解だから」とメンバーの自主性に任せてきた。

「キンプリのメンバーたちは、スタッフに言われるまま活動をこなすタイプのアイドルではありません。彼らは、楽曲のアレンジやジャケット写真、MVの監督など、細かな部分に至るまで、その多くを自分たちで決めているんです。

 それぞれの意見が合わず大変なときもありますが、そういった場面にもやりがいを感じているようです。平野さんは『何かが失敗したとき、周りの大人が怒られるんじゃなくて、僕たち自身が怒られたい。責任を持ってやれる幸せな環境だ』と話していました。きっと今回の脱退も、メンバー同士で十分話し合って出した結論なのでしょう」(芸能記者)

 キンプリは、デビュー当初から海外進出を目指して活動していた。それはジャニー氏との“約束”でもあった。まだジャニー氏が存命だった2019年5月に公開されたインタビューで、平野はこのように語っていた。

〈僕らの夢でもあるんですけど、ジャニーさんの夢でもある。ジャニーさんも87歳。あと何十年も一緒にいられるわけじゃないと思う。社長が生きているうちに、僕らが海外進出した景色を見せたい〉(日刊スポーツのインタビューより)

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン