芸能

中居正広が休養、スタッフからあがっていた心配の声 頬はこけ、首回りには不自然なゆとり

中居正広

休養を発表した中居正広だが、体調について、心配の声も上がる

 色づき始めた木々を臨む、都内の高級マンション。11月4日に「1か月の休養」を発表した中居正広(50才)は、直前までこの自宅マンションから仕事場へと通っていたが、現在はその姿が目撃されていないという。

「自宅療養か入院かなど、休養の詳細については限られた人にしか明かしていないようです。よく近所のスーパーやゴルフの練習場に出かけていた中居さんの姿は、まったく見かけられていません」(芸能関係者)

 中居は5日放送の『中居正広のキャスターな会』(テレビ朝日系)で、休養について「体調を整え、リハビリも含めて筋力と体力をつけるための1か月」と説明。具体的な病名や症状を口にすることはなかった。テレビ局関係者が振り返る。

「中居さんはテレビ番組の収録時に、番組内で取り上げた話題をどんどん掘り下げてくれるので、収録は予定時間をオーバーすることがほとんどでした。でも今年の春頃からは深掘りすることが減り、収録も予定時間に終わるようになったんです。口数も少なくどこか疲れている様子で、スタッフの間では“中居さんらしくない”という声があがっていました」

 7月になると、中居の変化は目に見える形で表れた。プロ意識が高く、仕事を休まないことで知られる中居が、出演番組の収録を欠席するようになったのだ。

「中居さんは7月中旬に急性虫垂炎を発症し、入院して手術を受けました。そのため、総合司会を務める予定だった生放送の音楽番組への出演が急遽取りやめになった。その後も10月1日と8日の2週にわたり、体調不良を理由に『キャスターな会』を欠席。レギュラーを務めるほかのテレビ番組やラジオ番組も欠席しています。

 10月15日に放送された『キャスターな会』で復帰しましたが、頬はこけてやつれたように見えました。首も細くなっていて、シャツの襟回りには不自然なゆとりがあった。中居さんの姿に、視聴者からは心配する声があがっていました」(前出・テレビ局関係者)

 そんななか、中居の状態に関する記事が掲載されたのが、休養宣言の約1週間前。『週刊新潮』(10月27日発売号)が《「中居正広」深刻病巣摘出で緊迫のカルテ》とのタイトルで衝撃の内容を報じた。同誌によれば、中居は7月に受けた急性虫垂炎の手術と前後して、盲腸がんに侵されていることが判明。9月に都内の病院に2週間の予定で極秘入院し、がんを切除する手術を受けたというのだ。

「記事の内容は、中居さんの番組スタッフですらまったく聞かされていないものでした。早期のがんではなく、腫瘍を摘出するため、開腹をしての大手術だった可能性が指摘されていました。記事では医師団まで特定され、さらに中居さんの事務所が否定しなかったため、信憑性が高いという声があがっています」(番組関係者)

「盲腸がん」について、相馬中央病院の消化器内科医・齋藤宏章さんが解説する。

「盲腸は大腸の最奥部に位置するため、盲腸がんは広義では大腸がんに含まれます。大腸の肛門に近い箇所ががんに侵されると血便や下痢などの症状が出るのに対し、盲腸は肛門から遠いため、そうした自覚症状が起こりにくい。ほかの大腸がんに比べて、発見しにくいがんでもあります。わかったときには、かなり進行しているケースもあります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン