芸能

中居正広が休養、スタッフからあがっていた心配の声 頬はこけ、首回りには不自然なゆとり

中居正広

休養を発表した中居正広だが、体調について、心配の声も上がる

 色づき始めた木々を臨む、都内の高級マンション。11月4日に「1か月の休養」を発表した中居正広(50才)は、直前までこの自宅マンションから仕事場へと通っていたが、現在はその姿が目撃されていないという。

「自宅療養か入院かなど、休養の詳細については限られた人にしか明かしていないようです。よく近所のスーパーやゴルフの練習場に出かけていた中居さんの姿は、まったく見かけられていません」(芸能関係者)

 中居は5日放送の『中居正広のキャスターな会』(テレビ朝日系)で、休養について「体調を整え、リハビリも含めて筋力と体力をつけるための1か月」と説明。具体的な病名や症状を口にすることはなかった。テレビ局関係者が振り返る。

「中居さんはテレビ番組の収録時に、番組内で取り上げた話題をどんどん掘り下げてくれるので、収録は予定時間をオーバーすることがほとんどでした。でも今年の春頃からは深掘りすることが減り、収録も予定時間に終わるようになったんです。口数も少なくどこか疲れている様子で、スタッフの間では“中居さんらしくない”という声があがっていました」

 7月になると、中居の変化は目に見える形で表れた。プロ意識が高く、仕事を休まないことで知られる中居が、出演番組の収録を欠席するようになったのだ。

「中居さんは7月中旬に急性虫垂炎を発症し、入院して手術を受けました。そのため、総合司会を務める予定だった生放送の音楽番組への出演が急遽取りやめになった。その後も10月1日と8日の2週にわたり、体調不良を理由に『キャスターな会』を欠席。レギュラーを務めるほかのテレビ番組やラジオ番組も欠席しています。

 10月15日に放送された『キャスターな会』で復帰しましたが、頬はこけてやつれたように見えました。首も細くなっていて、シャツの襟回りには不自然なゆとりがあった。中居さんの姿に、視聴者からは心配する声があがっていました」(前出・テレビ局関係者)

 そんななか、中居の状態に関する記事が掲載されたのが、休養宣言の約1週間前。『週刊新潮』(10月27日発売号)が《「中居正広」深刻病巣摘出で緊迫のカルテ》とのタイトルで衝撃の内容を報じた。同誌によれば、中居は7月に受けた急性虫垂炎の手術と前後して、盲腸がんに侵されていることが判明。9月に都内の病院に2週間の予定で極秘入院し、がんを切除する手術を受けたというのだ。

「記事の内容は、中居さんの番組スタッフですらまったく聞かされていないものでした。早期のがんではなく、腫瘍を摘出するため、開腹をしての大手術だった可能性が指摘されていました。記事では医師団まで特定され、さらに中居さんの事務所が否定しなかったため、信憑性が高いという声があがっています」(番組関係者)

「盲腸がん」について、相馬中央病院の消化器内科医・齋藤宏章さんが解説する。

「盲腸は大腸の最奥部に位置するため、盲腸がんは広義では大腸がんに含まれます。大腸の肛門に近い箇所ががんに侵されると血便や下痢などの症状が出るのに対し、盲腸は肛門から遠いため、そうした自覚症状が起こりにくい。ほかの大腸がんに比べて、発見しにくいがんでもあります。わかったときには、かなり進行しているケースもあります」

関連キーワード

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン