スポーツ

来年のダークホースは中日? 他球団から「助っ人次第で優勝ありうる」と警戒の声

今季は苦しいシーズンだった立浪中日(時事通信フォト)

今季は苦しいシーズンだった立浪中日(時事通信フォト)

 立浪和義監督が就任したものの6年ぶりの最下位に沈んだ中日。最近10年間で9シーズンがBクラスと「暗黒期」から抜け出せないが、他球団のスコアラーは「中日は助っ人外国人次第で優勝できる力を持っている」と警戒を口にする。

「投手陣はセ・リーグ屈指。大野雄大、柳裕也、小笠原慎之介に加えて高橋宏斗が出てきた。常時150キロを超える直球に加えてフォークもキレ味鋭く、調子の良い時はバットに当てるのも困難でした。まだ体力に不安があるので登板間隔を空けていますが、先発ローテーションで1年間回れば15勝をクリアできる素材です。11月15日には楽天から涌井秀章を獲得し、さらに投手陣に厚みが増した。年齢もあるが、3度の最多勝を獲得するなど実績は十分。野手も岡林勇希、土田龍空と若手が台頭してきた。足りないのはポイントゲッター。ヤクルトのオスナ、サンタナのような外国人が獲得できれば、一気に上にいく可能性を秘めている」(スコアラー)

 中日の課題は貧打に尽きる。414得点はリーグワースト。リーグ連覇したヤクルトの619得点より200点以上も少ない。シーズン終盤までヤクルト・村上宗隆と熾烈な首位打者争いを繰り広げた大島洋平、高卒3年目で最多安打のタイトルを獲得した岡林と強力な1、2番が並ぶが、クリーンアップが頼りない。ビシエドが4番でチーム最多の125試合にスタメン出場したが、本拠地が広いナゴヤドームでプレーしていることを差し引いても、4番としての適性に疑問が残る。日本で7年間プレーしているが、打率.348で首位打者に輝いた2018年の26本塁打が来日最多。他の6シーズンは20本塁打に到達していない。今季は打率.294、14本塁打、63打点。本塁打は過去最低に終わった。中日を取材するスポーツ紙記者は、ビシエドに同情的な見方を示す。

「強烈なライナーで外野の間を抜く打球を放つ打者で、長距離砲ではない。本来なら5、6番タイプだが、チーム事情で4番を託されている。自分が長打を打たなければいけないという思いが強いのでしょう。力んで打撃不振に陥る時期が目立っています」

関連記事

トピックス

女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
NEWSポストセブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
昨年は男女若手アナウンサーのカレンダーを発売していた
毎年恒例「女子アナカレンダー」 TBSだけ「2023年版は制作しない」ことになった理由
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト