スポーツ

逸ノ城と湊親方の不和 「弁護士を通して」の異常事態で師弟関係は“伝言ゲーム”

湊親方の胸中やいかに(時事通信フォト)

湊親方の胸中やいかに(時事通信フォト)

 大相撲九州場所のウラで、前代未聞のトラブルが起きている。7月の名古屋場所で初優勝を果たした逸ノ城(前頭2枚目)と師匠である湊親方(元前頭・湊富士)の確執が深まり、会話すら通じない異常事態に陥っているのだ。逸ノ城の酒乱を問題視していた親方とおかみさん。その後、禁酒を誓った逸ノ城に、ひとり暮らしを許可したが──。【全3回の第2回。第1回から読む

弁護士から弁護士へ連絡

 ひとり暮らしを始めた当初は真面目に朝稽古にも通っていたが、今年2月のある日のことだった。湊部屋関係者が語る。

「連絡もなしに朝稽古に来なかった。ちょうど雪が降った日で、親方やおかみさんは途中で転んだのではと心配して連絡を取ろうとしたがつながらない。ようやく夕方に連絡が取れたら“酔っぱらって起きられなかった”というんです」

 当然、親方は叱責し、誰と飲んでいたのかもわからないので、「コロナに感染していたら困るから、しばらく部屋に来るな」と言い渡したという。

 その数日後、部屋に姿を見せた逸ノ城は、1枚の紙を手にしていた。

「いきなり“弁護士を立てました”と言い出した。手にした紙には“今後、逸ノ城に話がある時は弁護士を通してください”といった文言があり、弁護士の連絡先が書かれている。稽古をサボったことを謝れば済む話なのに、その日から親方やおかみさんが何を聞いても“弁護士がいないと話しません”“弁護士を通してください”としか返さなくなってしまった」(同前)

 親方と力士の関係として、前代未聞の状態である。稽古指導を含め、あらゆるやり取りが「弁護士を通じて」のものになってしまったというのだ。

 湊部屋後援会幹部はこう嘆息する。

「親方とおかみさんは途方に暮れてしまったし、我々後援会関係者の説得にも耳を貸さない。朝稽古には来るが、親方がアドバイスをしても返事もしません。協会からの事務連絡を伝えようとしても“弁護士を通してください”ですからね」

 そのうち親方も声を掛けなくなったという。

「親方から伝えることがあれば、まず部屋の弁護士に伝え、そこから逸ノ城の弁護士に連絡し、それが逸ノ城に伝えられる。逸ノ城が言いたいことがある場合は逆ルートでそれをやる。まさに“伝言ゲーム”だ。誰に弁護士を紹介されたかもわからないし、弁護士に角界の慣例などのニュアンスが伝わっているか、親方にもわからないようだ。逸ノ城は日本語が未熟で、双方の弁護士を通じたやり取りで意思疎通ができるとは思えない」(同前)

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト