スポーツ

逸ノ城と湊親方の歪な師弟関係 稽古後はちゃんこ場に向かわず宿舎内の自室にこもる

7月場所の優勝時には、すでに師弟関係に亀裂が(時事通信フォト)

7月場所の優勝時には、すでに師弟関係に亀裂が(時事通信フォト)

 大相撲九州場所のウラで、前代未聞のトラブルが起きている。7月の名古屋場所で初優勝を果たした逸ノ城(前頭2枚目)と師匠である湊親方(元前頭・湊富士)の確執が深まり、ついにはあらゆるやり取りが「弁護士を通じて」のものになった。【全3回の第3回。第1回から読む

相撲協会の日和見

 歪な師弟関係の問題を抱えながら、7月の名古屋場所で逸ノ城は優勝。関係改善のきっかけは見出せないままとなった。

 8月には湊部屋で収録が行なわれる予定だった相撲協会公式YouTubeの収録に逸ノ城が姿を見せず、撮影が延期になる騒ぎも起きた。湊部屋後援会幹部が語る。

「その時も前日に飲み過ぎて連絡がつかなかった。後日、部屋で親方とおかみさんに“すみませんでした”と謝るんですが、親方が“しばらく部屋で生活しろ”と言うと、そこからは“弁護士を通してください”となってしまう」

 福岡県糟屋郡久山町にある湊部屋の九州場所宿舎では、逸ノ城も朝稽古に姿を見せるものの、親方との会話はない。稽古を終えて風呂で汗を流すと、そのあとちゃんこ場には向かわず、宿舎内の自室にこもってしまう。会場に向かう時間になると黙って車に乗り込むという繰り返しになる。

 別の湊部屋関係者はこう証言する。

「親方と金銭トラブルがあるような報道もあったが、湊部屋は金銭面ではガラス張りです。餅つきなどでの祝儀もすべてオープンにして1円単位に頭数で分けるし、関取のテレビやCM、イベント出演料は個人口座に入れるかたちにしている。もともと逸ノ城も親方を尊敬していて、昨年9月に帰化した際は師匠の名字をもらい、三浦駿を名乗っている。なぜ、こんなことになったのか……」

 前出の後援会幹部は「親方は逸ノ城が立ち直るきっかけを模索しているはず」と話す。

「逸ノ城が弁護士を立ててきた2月の段階で、湊親方は協会に相談している。おかみさんへの暴力を問題視するのではなく、酒癖の悪さを放っておけば大変なことが起こりかねないという相談だった。しかし、協会は部屋で解決してくれの一点張りだったといいます。場所前に報道が出てからも協会に呼ばれたそうだが、協会として関与する動きはないようだ」

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト