スポーツ

逸ノ城と湊親方の歪な師弟関係 稽古後はちゃんこ場に向かわず宿舎内の自室にこもる

7月場所の優勝時には、すでに師弟関係に亀裂が(時事通信フォト)

7月場所の優勝時には、すでに師弟関係に亀裂が(時事通信フォト)

 大相撲九州場所のウラで、前代未聞のトラブルが起きている。7月の名古屋場所で初優勝を果たした逸ノ城(前頭2枚目)と師匠である湊親方(元前頭・湊富士)の確執が深まり、ついにはあらゆるやり取りが「弁護士を通じて」のものになった。【全3回の第3回。第1回から読む

相撲協会の日和見

 歪な師弟関係の問題を抱えながら、7月の名古屋場所で逸ノ城は優勝。関係改善のきっかけは見出せないままとなった。

 8月には湊部屋で収録が行なわれる予定だった相撲協会公式YouTubeの収録に逸ノ城が姿を見せず、撮影が延期になる騒ぎも起きた。湊部屋後援会幹部が語る。

「その時も前日に飲み過ぎて連絡がつかなかった。後日、部屋で親方とおかみさんに“すみませんでした”と謝るんですが、親方が“しばらく部屋で生活しろ”と言うと、そこからは“弁護士を通してください”となってしまう」

 福岡県糟屋郡久山町にある湊部屋の九州場所宿舎では、逸ノ城も朝稽古に姿を見せるものの、親方との会話はない。稽古を終えて風呂で汗を流すと、そのあとちゃんこ場には向かわず、宿舎内の自室にこもってしまう。会場に向かう時間になると黙って車に乗り込むという繰り返しになる。

 別の湊部屋関係者はこう証言する。

「親方と金銭トラブルがあるような報道もあったが、湊部屋は金銭面ではガラス張りです。餅つきなどでの祝儀もすべてオープンにして1円単位に頭数で分けるし、関取のテレビやCM、イベント出演料は個人口座に入れるかたちにしている。もともと逸ノ城も親方を尊敬していて、昨年9月に帰化した際は師匠の名字をもらい、三浦駿を名乗っている。なぜ、こんなことになったのか……」

 前出の後援会幹部は「親方は逸ノ城が立ち直るきっかけを模索しているはず」と話す。

「逸ノ城が弁護士を立ててきた2月の段階で、湊親方は協会に相談している。おかみさんへの暴力を問題視するのではなく、酒癖の悪さを放っておけば大変なことが起こりかねないという相談だった。しかし、協会は部屋で解決してくれの一点張りだったといいます。場所前に報道が出てからも協会に呼ばれたそうだが、協会として関与する動きはないようだ」

関連記事

トピックス

綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン