スポーツ

中日が血の入れ替え改革断行 涌井&砂田獲得に続き、「トレードで狙う他球団の選手」は

シーズンとは打って変わってオフは主役な立浪中日(時事通信フォト)

シーズンとは打って変わってオフは主役な立浪中日(時事通信フォト)

 6年ぶりの最下位に低迷した中日が、大幅なチーム改革を断行している。内野のレギュラーだった阿部寿樹とトレードで楽天から涌井秀章を獲得すると、京田陽太とDeNA・砂田毅樹の交換トレードを11月18日に発表した。戦力外や引退の選手も含めると今季開幕戦のメンバー7人が姿を消すという大規模な血の入れ替えを断行している。

 今回、チームの功労者だった阿部、京田を相次いでトレードで放出したことに、一部の中日ファンから批判の声が上がっているが、セ・リーグの編成担当は別の見方を示す。

「涌井はウチも欲しいと思って、トレードの獲得リストに入れていた。36歳とベテランの域に入っているけど、肩、肘で大きな故障がないしスタミナもある。直球のキレもあるし、十分に計算できる。中日が阿部を出すとは思わなかったけど、ドラフトで二遊間の選手を3人獲得している。現状を打破するために、出血覚悟で若手に出場機会のチャンスを与えたいと考えたんだろう。京田も近年はくすぶっていたからね。左の救援はどの球団も不足している。砂田は力がある投手なので良い補強だと思う」

 京田のトレードは納得できる部分がある。1年目から遊撃のレギュラーで活躍してきたが、近年は打撃不振で下降線に。自慢の堅守でもミスが目立つようになっていた。今季は覇気のないプレーが立浪和義監督の逆鱗に触れ、5月4日のDeNA戦で試合中に名古屋へ強制送還。ファーム降格を告げられた。その後も1、2軍を往復し、43試合出場で打率.172、3本塁打、8打点。高卒2年目の土田龍空が遊撃で出続けるようになり、京田の居場所はなくなっていた。

 阿部は自己最多の133試合出場で打率.270、9本塁打をマーク。チームトップの31二塁打と広角に長打を打てるのが強みだ。本来は6、7番タイプだが、リーグワーストの414得点と貧打が深刻な中日で、クリーンアップを担った。貴重なポイントゲッターだったが、併殺打が多く足が速い選手ではない。32歳という年齢で今後のチーム作りを考えた時、立浪監督は若手の育成に舵を切った。

 中日を取材するスポーツ紙記者は、「トレードはこの2つで終わらない可能性がある」と予測する。

「捕手の頭数が明らかに足りない。木下拓哉が核になるが物足りなさも残る。正捕手の座を脅かす選手が必要です。日本ハムの清水優心、ロッテ・田村龍弘、同一リーグですが、巨人・岸田行倫は有力候補になると思います」

関連キーワード

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト