ライフ

冬場に注意すべき風呂場やトイレでの「ヒートショック」 防ぐための9か条

(写真/GettyImages)

11月から3月はヒートショック頻発期間(写真/GettyImages)

 急激な温度の変化で生じる血圧の変動で、心臓に負担がかかって起こる「ヒートショック」。とりわけ冬はその数が激増。室内でも起こりうるという。ヒートショックを防ぐために、やっておきたいこととは──。

 自宅の最大の“危険地帯”は浴室だ。入浴中の急死者は年間1万9000人と推計され、交通事故死の約4倍にものぼる。東京都市大学人間科学部教授で医師の早坂信哉さんが指摘する。

「高齢者2000人以上を対象にした訪問入浴介護に関する調査を行ったところ、入浴中に容体が急変し、呼吸困難に陥ったり意識を失ったりする人は一定数いました。介護者がいるので溺れることはありませんでしたが、意識が戻らずにそのまま亡くなる事例も見られました」

 著名人でも風呂場で命を落とす人は少なくなく、晩年まで元気な姿を見せていた俳優の平幹二朗さん(享年82)や元野球監督の野村克也さん(享年84)らも、寒い日の入浴中に亡くなっている。高齢者の健康と生活環境について長年研究を重ねてきた大阪大学人間科学研究科特任研究員の小川まどかさんが言う。

「脱衣所でのヒートショックにも注意してほしい。暖かいリビングから寒い脱衣所に移動して、そこからさらに服を脱いで冷気に肌をさらすと、血圧が急上昇します。

 お風呂から出てきた後も要注意。日本は高温浴・全身浴で長風呂をする人が多く、のぼせ上がって体感温度が上がった状態で冷えた脱衣所に戻ると、ふたたび血圧は急上昇します。脱衣所や浴室はあらかじめ暖め、入浴時の温度差を少なくしておくこと。入浴は早めの時間にすることも望ましいです」

 過去の事例や研究によれば、入浴前の脱衣時に脳出血、湯船の中に入っているときに脳梗塞や心筋梗塞、ふたたび脱衣所に戻ったときに起立性低血圧が起こりやすいことが明らかになっている。

 トイレにもリスクがある。東邦大学名誉教授で医師の東丸貴信さんが指摘する。

「冬場のトイレは肌を冷気にさらすという点で脱衣所と同様にヒートショックのリスクが高い。そうした環境に加え、排便時にいきむことで血圧は40mmHgほど上がります。つまり、もともと高血圧気味で160mmHgの人ならば200mmHgまで上昇することになり、脳出血が起きてもおかしくない状況です。

 特に冬は寒さで腸の活動が停滞して便秘になりやすいうえ、コロナ禍の運動不足で慢性的な便秘を抱える人も多い。トイレの危険度は確実に増しています」

関連キーワード

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト