国内

「アイスピックで脅し女子大生の胸を触る」強制わいせつで執行猶予中に再犯 容疑者母親が語る「思い出はない」

宮嶋力容疑者

宮嶋力容疑者

 10代の女子大生にわいせつな行為をしてけがを負わせたとして、住居不詳の無職・宮嶋力容疑者(41)が現行犯逮捕された。11月15日午前0時45分ごろ、葛飾区の集合住宅敷地内で、住人の女子大生の胸を触った上、持っていたアイスピックのようなもので頬にけがを負わせたというもの。全国紙社会部記者が語る。

「宮嶋容疑者は事件前に現場近くの京成線青砥駅で女性を見定めていて、徒歩で帰宅していた被害女性を自転車で約2キロにわたって尾行していた。女子大生が集合住宅の敷地に入ったところで後ろから抱きつき、羽交い締めにしてアイスピックをつきつけながら胸を触りました。女性の悲鳴を聞き、騒ぎに気づいた近隣住民が110番し、駆けつけた警官により取り押さえられました。宮嶋容疑者は今年1月、別の強制わいせつ事件で有罪判決を受け、執行猶予中でした」

 青砥駅から犯行現場までを歩いてみると、夜は人通りも少なく、犯行時刻の深夜ともなるとほぼ無人。もし近隣住民の110番がなかったら──寒気がする道のりだった。

 逮捕時の宮嶋容疑者は住所不定。以前住んでいた千葉県某市では金銭的に困っていたようで、「家賃や公共料金の支払いを滞納していた」(近隣住民)という。近所付き合いは少なく、何かトラブルがあったという話は聞こえてこなかった。

 宮嶋容疑者の実家は茨城県にある。最寄り駅から車で20分ほど離れた住宅街で、周囲からは浮いたたたずまいだった。瓦屋根の古い自宅の庭には、壊れた冷蔵庫や洗濯機が複数台置かれている。近隣住民はこう話す。

「(宮嶋容疑者一家は)5人兄妹で、事件を起こしたのは次男です。旦那さんは亡くなっていて子供も家を出て行ってしまい、今も残っているのは母親と長男だけ。長男が1人で家に住んでいて、母親は離れに住んでいるようです。いまは町会との交流もないと聞いています」

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン