国際情報

ソ連の独裁者スターリンと重なるプーチンの手法「失われた帝国を再興しようとしている」と舛添要一氏

プーチンは「スターリン批判」を禁じている(Getty Images)

プーチンは「スターリン批判」を禁じている(Getty Images)

 ウクライナへの侵略行為を続けるロシア。それを率いるプーチン大統領の政治手法を理解するには、ロシアが辿った歴史にも目を向ける必要がある。実際、プーチンはかつてロシアを統治した独裁者に多くを学んでいるという。

 国際政治学者・舛添要一氏は、最新刊『スターリンの正体 ヒトラーより残虐な男』のなかで、ロシアのプーチン大統領と、20世紀の同国で恐怖政治を敷いたソ連の独裁者・スターリンの共通点について次のように指摘する。

〈2022年2月24日、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。これは国際法違反の侵略行為ですが、ロシアの指導者プーチン大統領は、ソ連邦崩壊によって失われた「ロシア帝国」を再興しようとしています。彼は、第二次世界大戦に勝利し、領土を拡張し、ソ連邦を世界の大国に押し上げたスターリンを尊敬し、スターリン批判を禁止しています〉(舛添要一『スターリンの正体』)

 ソ連時代、KGB(ソ連国家保安委員会)の職員だったプーチンの経歴も見逃せない。

〈プーチンは、スターリンが政治の重要な手段とした秘密警察の出身で、政敵を排除する手法も、スターリンに多くを学んでいます。また、スターリンは、世界全体の共産主義化よりも、ロシアの国益を優先し、ナショナリズムを動員することに長けていました〉(前掲書)

(Getty Images)

「ファシズムとの戦い」のスローガンもスターリン譲りだった(Getty Images)

 ウクライナに侵攻した際にプーチンが掲げた「ファシズムとの戦い」は、(ヒトラー率いるナチスドイツと戦った)スターリンのスローガンそのものだった。

〈1939年9月1日にヒトラーはポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発しますが、それはスターリンとの約束(独ソ不可侵条約)を背景にしたものでした。ドイツとソ連はポーランドを分割して奪い取ります。ところが、1941年6月には、ドイツがソ連に侵攻し、独ソ戦が始まります。スターリンは、「ファシズムとの戦い」をスローガンに、ヒトラーと戦い、最後にはドイツを降伏させます。

 プーチンは、このときの勝利をノスタルジーをもって讃(たた)え、ウクライナとの戦いを「ファシストとの戦い」と位置づけています。プーチンは、2000年にチェチェン、2008年にグルジア、2014年にクリミアと軍事介入し、いずれも期待通りの成果をあげ、ロシア国民の間で人気を高めました〉(前掲書)

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン