芸能

紅白の隠し球は松任谷由実の “夫婦共演” か 矢沢永吉、チューリップ、安全地帯はどうなる

ユーミンは”夫婦共演”か

ユーミンは”夫婦共演”か

 NHKホールで3年ぶりに有観客で開催される『第73回NHK紅白歌合戦』。すでに発表された出場者に大きなサプライズはなかったが、水面下では現在も大物アーティストとの交渉が続いているという。視聴率低迷で打ち切り説もささやかれる中、挽回を図るNHKの“隠し球”は──。

“初出場”の可能性が高まっているのが、今年デビュー50周年で現在、ラストツアーを行っているチューリップ。NHKは今年、大腸がんが判明したリーダーの財津和夫(74才)のドキュメンタリー番組を放送している。

 同じく出場濃厚とみられている“大物”が、今年、デビュー50周年の矢沢永吉(73才)だ。

「今年6月に『ニュースウオッチ9』(NHK)でロングインタビューが放送されたことも大きな後押しになっています。リハーサルをほとんど行わず、ぶっつけ本番が矢沢さんのやり方。10年前の40周年のときに出場した際、本番で何度か歌詞を間違えたものの『矢沢、ステージで作詞してたもんね』とYAZAWA節で乗り切りました」(前出・放送記者)

 その矢沢と、今年のツアーで“初共演”を果たしたB’zの2人は今年も不出場が濃厚。「年末年始は完全にオフ」(音楽関係者)とのこと。

 2019年に50周年記念ツアーを行って以来、表舞台から姿を消しているのは井上陽水(74才)だが、かつて陽水のバックを務めた安全地帯の出場は確実視されている。

「今年はデビュー40周年。玉置浩二さん(64才)はいまも精力的にツアーをこなし、安全地帯としても冬にコンサートを行います。本来、今年の紅白の目玉として発表するはずが、事前に報道が出てしまったことにNHKはカンカンだったとか」(音楽関係者)

矢沢の出場はあるか

矢沢の出場はあるか

 過去に「おせちを作るので」という理由で出場を断ったことが語り草になっているのが松任谷由実(68才)。

「これまで紅白には5回出場し、桑田佳祐さんとの“キス”が大きな話題になった2018年からは3年連続で出ています。7月にデビュー50周年を迎え、10月にもNHKの歌番組『SONGS』に出演したばかり。昨年コーラスでアルバムに参加した松任谷正隆さんとの “夫婦共演” にも注目が集まります」(レコード会社関係者)

 本番まで残り約1か月。紅白の担当者はいまも曲者だらけの大物たちと、粘り強く交渉を続けている。

※女性セブン2022年12月8日号

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン