国内

【「愛してる」最後の手紙】「トー横のハウル」が獄中から最愛の彼女に送っていた手紙のすべて「車でどこかに行こう! 雨やんだら。」

殴り書きで書かれた「トー横のハウル」の手紙の前半部

「トー横のハウル」が彼女に送っていた手紙の前半

 居場所のない若者が集う東京・歌舞伎町の一角「トー横」で知り合った16歳の少女にみだらな行為をしたとして、今年6月に警視庁に逮捕・起訴されていた小川雅朝被告が、東京拘置所で急逝していたことが発表されたのは、11月15日。小川被告は自らを「ハウル・カラシニコフ」と名乗り、昨年冬ごろから「歌舞伎町卍會」の代表として炊き出しなどの活動を行なう有名人だった。そんな「トー横のハウル」と逮捕の直前まで同棲していたと語るAさん(21歳、学生)が、11月21日、週刊ポストの取材に応じた。Aさんのもとには10月28日、小川被告から弁護士を通じて想いを綴った手紙が届いていた。

 東京地裁での初公判を直前に控えたなかで急逝した小川被告。関係者によると、11月14日午前に体調が急変したとされているが、死因は未だ公表されていない。

 小川被告の評価は「トー横界隈」でも賛否が分かれるが、昨年の12月15日から小川被告の自宅で同棲を始めたというAさんは「未来がいきなりふっと消えたことが悲しくて仕方ない」と悲しみの胸中を明かした。

「訃報は11月15日、友人からの連絡で知りました。私たちの記念日だった15日にこんな知らせを聞くなんて、一体何のサプライズなのと、ただただ絶望しています。今まで、彼から『別れたい』と突き放すようなことは1度も言われたことがなかった。でも彼の死の前日、彼の凄く嫌な夢を見たんです、起きたら汗が凄くて。すごく嫌な感じがしたんです……。

 家庭環境は難しい人だったから、ご遺族との接点はありません。いま、遺体がどういう状況にあるのかも分からないです。ただ、自ら死を選んだのではないと思います。手紙にはたくさん、今後のことが書いてあったし、弁護士さんからの伝言も色々聞いていました」(Aさん)

 弁護士を通じて小川被告と言葉のやりとりをしていたAさんは、10月28日、1枚の殴り書きの手紙を受け取った。Aさんは弁護士から小川被告の精神状態が不安定になっていると聞いていたが、「○○(Aさんの本名)! 東京こうちしょに移どうになった」と始まる手紙には体調のことは書かれておらず、むしろ前向きな内容が見て取れる。

〈○○(Aさんの本名)! 東京こうちしょに移どうになった移動だ! 今いる所、東京こうちしょ 残りまださいばんの結果でてないけど、もう決まったと思う!! やっと会える〉

〈あと半月くらいなのかな、出たあとどうしようかな
一緒に行くよな! マンスリーマンション…高田の場場に分ケアリでも貸してくれるとこあるらしい!! ちょっと調べてみてほしい!
ここまでずっとはげましてくれた○○が好きだわ。雨ばっかり降ってるよな
なんか車でどこかに行こう! まずそうしよう! 雨やんだら。〉

〈とりあえず東京こうちしょに来たって事は もう調べることがないってこと!
あとは裁判して終わり!! 愛してる〉(手紙より抜粋、原文ママ)

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン