国内

【「愛してる」最後の手紙】「トー横のハウル」が獄中から最愛の彼女に送っていた手紙のすべて「車でどこかに行こう! 雨やんだら。」

殴り書きで書かれた「トー横のハウル」の手紙の前半部

「トー横のハウル」が彼女に送っていた手紙の前半

 居場所のない若者が集う東京・歌舞伎町の一角「トー横」で知り合った16歳の少女にみだらな行為をしたとして、今年6月に警視庁に逮捕・起訴されていた小川雅朝被告が、東京拘置所で急逝していたことが発表されたのは、11月15日。小川被告は自らを「ハウル・カラシニコフ」と名乗り、昨年冬ごろから「歌舞伎町卍會」の代表として炊き出しなどの活動を行なう有名人だった。そんな「トー横のハウル」と逮捕の直前まで同棲していたと語るAさん(21歳、学生)が、11月21日、週刊ポストの取材に応じた。Aさんのもとには10月28日、小川被告から弁護士を通じて想いを綴った手紙が届いていた。

 東京地裁での初公判を直前に控えたなかで急逝した小川被告。関係者によると、11月14日午前に体調が急変したとされているが、死因は未だ公表されていない。

 小川被告の評価は「トー横界隈」でも賛否が分かれるが、昨年の12月15日から小川被告の自宅で同棲を始めたというAさんは「未来がいきなりふっと消えたことが悲しくて仕方ない」と悲しみの胸中を明かした。

「訃報は11月15日、友人からの連絡で知りました。私たちの記念日だった15日にこんな知らせを聞くなんて、一体何のサプライズなのと、ただただ絶望しています。今まで、彼から『別れたい』と突き放すようなことは1度も言われたことがなかった。でも彼の死の前日、彼の凄く嫌な夢を見たんです、起きたら汗が凄くて。すごく嫌な感じがしたんです……。

 家庭環境は難しい人だったから、ご遺族との接点はありません。いま、遺体がどういう状況にあるのかも分からないです。ただ、自ら死を選んだのではないと思います。手紙にはたくさん、今後のことが書いてあったし、弁護士さんからの伝言も色々聞いていました」(Aさん)

 弁護士を通じて小川被告と言葉のやりとりをしていたAさんは、10月28日、1枚の殴り書きの手紙を受け取った。Aさんは弁護士から小川被告の精神状態が不安定になっていると聞いていたが、「○○(Aさんの本名)! 東京こうちしょに移どうになった」と始まる手紙には体調のことは書かれておらず、むしろ前向きな内容が見て取れる。

〈○○(Aさんの本名)! 東京こうちしょに移どうになった移動だ! 今いる所、東京こうちしょ 残りまださいばんの結果でてないけど、もう決まったと思う!! やっと会える〉

〈あと半月くらいなのかな、出たあとどうしようかな
一緒に行くよな! マンスリーマンション…高田の場場に分ケアリでも貸してくれるとこあるらしい!! ちょっと調べてみてほしい!
ここまでずっとはげましてくれた○○が好きだわ。雨ばっかり降ってるよな
なんか車でどこかに行こう! まずそうしよう! 雨やんだら。〉

〈とりあえず東京こうちしょに来たって事は もう調べることがないってこと!
あとは裁判して終わり!! 愛してる〉(手紙より抜粋、原文ママ)

関連キーワード

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン