芸能

ゆたぼんが誕生日会開催予定も「高すぎる」の声、「高校生以上1.5万円、小中学生5000円」参加費が高額な理由

ゆたぼんが高額参加費の誕生会を開催(公式ブログより)

ゆたぼんが高額参加費の誕生会を開催する(公式ブログより)

「少年革命家」を名乗る不登校児YouTuberのゆたぼん(13才)が、2019年から開催し続けている誕生会で、今年は1万5000円の参加費で12月に行われる予定だという。

 招待されたゆたぼんの知人は、「個人的にゆたぼんは好きだしお祝いしたいけど、ちょっと参加費が高いかな……去年の倍近い金額なんですよ。14才の誕生会でこの参加費を取るのは正直驚きました…」と戸惑いながら明かした。この知人によれば、高校生以上が1万5000円で、小中学生は5000円、未就学児は無料だという。

 第1回は、大阪から移住した沖縄の屋外のカフェで2019年12月に開催したようだ。公式YouTubeチャンネルの登録者数がまだ10万人未満のころで、彼のFacebookによると参加費もドリンク飲み放題で1000円とホームパーティーレベルだった。ただ、この直後からネット上での知名度がさらに大きく飛躍した。

 翌2020年には、東京で会費5000円で70人以上を集めて開催。タレントの加藤紗里(32才)、実業家YouTuberの“青汁王子”こと三崎優太(33才)、NHK党の立花孝志党首(55才)ら、ネット上をにぎわすお騒がせ著名人もお祝いに駆けつけ、コロナ禍でマスク無しでパーティーをした様子を公開した。そして、昨年はさらにスケールアップ。前出の立花党首や加藤のほかにも、迷惑系YouTuberへずまりゅうや、人気TikTokerら多数のインフルエンサーが出席。ビデオメッセージでは、石田純一(68才)やボクシング亀田三兄弟の父亀田史郎氏(57才)、脳科学者の茂木健一郎氏(60才)らも祝福して、参加費は8000円だったという。

 今年は、クラウドファンディングで資金487万円を集めて、6月から専用車「スタディ号」で日本一周の旅を敢行。全国各地で不登校児と触れ合い、「学校に通わなくても不幸じゃない」、「人生は冒険」と、自身のライフスタイルを啓蒙活動して回った。

 あるスポーツ紙記者は「過激な発言やクラファン資金だけでは足りずに旅の途中の動画配信で“投げ銭”を請うなどしたことで、何度もネットニュースになり炎上しましたが、11月14日の公式YouTubeちゃんねるで無事に完走したことを報告。約20分間も1人で旅を振り返ってカメラに語り続ける姿は、ただの子供とは言えない姿でした。とにかく日本一有名な13才ですし、実際、彼を取り上げたネット記事は数字につながっています」と話す。

 11月5日には、公式ツイッターで、過去にネット上で受けた誹謗中傷を訴えた裁判で勝訴したことを「誹謗中傷して(賠償金を)33万円払うって本当にアンチは人生失敗してるやん!! 学校で何を学んできたんや 誹謗中傷はアカン」と報告した。同21日も「アンチの皆さん、すみませんでした」とのタイトルで動画を配信。「支援もしてないのに勝手にごちゃごちゃ騒いでアホちゃうか。何も関係ない奴が(日本一周旅の反対)署名をどれだけ集めたところで何の意味もないのに、そんなことも分からんなんて学校で何を学んできたん」と胸を張った。

「アンチを挑発する様子が生意気に映りますが、主張は一貫していることもあって、ファンが増え続けているようです。そのファンに言わせれば、彼は挑発した後には毎回必ず世話になった人たちへの感謝を述べているので、決して無礼なだけの子ではない、という印象のようです」(前出・スポーツ紙記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
超絶進化を遂げている「コンビニコスメ」撮影/玉井幹郎
超絶進化を遂げる「コンビニコスメ」 美の賢者たちが語るその“魅力”と、カテゴリー別の“ベストバイアイテム”
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン