芸能

ゆたぼんが誕生日会開催予定も「高すぎる」の声、「高校生以上1.5万円、小中学生5000円」参加費が高額な理由

ゆたぼんが高額参加費の誕生会を開催(公式ブログより)

ゆたぼんが高額参加費の誕生会を開催する(公式ブログより)

「少年革命家」を名乗る不登校児YouTuberのゆたぼん(13才)が、2019年から開催し続けている誕生会で、今年は1万5000円の参加費で12月に行われる予定だという。

 招待されたゆたぼんの知人は、「個人的にゆたぼんは好きだしお祝いしたいけど、ちょっと参加費が高いかな……去年の倍近い金額なんですよ。14才の誕生会でこの参加費を取るのは正直驚きました…」と戸惑いながら明かした。この知人によれば、高校生以上が1万5000円で、小中学生は5000円、未就学児は無料だという。

 第1回は、大阪から移住した沖縄の屋外のカフェで2019年12月に開催したようだ。公式YouTubeチャンネルの登録者数がまだ10万人未満のころで、彼のFacebookによると参加費もドリンク飲み放題で1000円とホームパーティーレベルだった。ただ、この直後からネット上での知名度がさらに大きく飛躍した。

 翌2020年には、東京で会費5000円で70人以上を集めて開催。タレントの加藤紗里(32才)、実業家YouTuberの“青汁王子”こと三崎優太(33才)、NHK党の立花孝志党首(55才)ら、ネット上をにぎわすお騒がせ著名人もお祝いに駆けつけ、コロナ禍でマスク無しでパーティーをした様子を公開した。そして、昨年はさらにスケールアップ。前出の立花党首や加藤のほかにも、迷惑系YouTuberへずまりゅうや、人気TikTokerら多数のインフルエンサーが出席。ビデオメッセージでは、石田純一(68才)やボクシング亀田三兄弟の父亀田史郎氏(57才)、脳科学者の茂木健一郎氏(60才)らも祝福して、参加費は8000円だったという。

 今年は、クラウドファンディングで資金487万円を集めて、6月から専用車「スタディ号」で日本一周の旅を敢行。全国各地で不登校児と触れ合い、「学校に通わなくても不幸じゃない」、「人生は冒険」と、自身のライフスタイルを啓蒙活動して回った。

 あるスポーツ紙記者は「過激な発言やクラファン資金だけでは足りずに旅の途中の動画配信で“投げ銭”を請うなどしたことで、何度もネットニュースになり炎上しましたが、11月14日の公式YouTubeちゃんねるで無事に完走したことを報告。約20分間も1人で旅を振り返ってカメラに語り続ける姿は、ただの子供とは言えない姿でした。とにかく日本一有名な13才ですし、実際、彼を取り上げたネット記事は数字につながっています」と話す。

 11月5日には、公式ツイッターで、過去にネット上で受けた誹謗中傷を訴えた裁判で勝訴したことを「誹謗中傷して(賠償金を)33万円払うって本当にアンチは人生失敗してるやん!! 学校で何を学んできたんや 誹謗中傷はアカン」と報告した。同21日も「アンチの皆さん、すみませんでした」とのタイトルで動画を配信。「支援もしてないのに勝手にごちゃごちゃ騒いでアホちゃうか。何も関係ない奴が(日本一周旅の反対)署名をどれだけ集めたところで何の意味もないのに、そんなことも分からんなんて学校で何を学んできたん」と胸を張った。

「アンチを挑発する様子が生意気に映りますが、主張は一貫していることもあって、ファンが増え続けているようです。そのファンに言わせれば、彼は挑発した後には毎回必ず世話になった人たちへの感謝を述べているので、決して無礼なだけの子ではない、という印象のようです」(前出・スポーツ紙記者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

新CMの発表会に登壇したデヴィ夫人
【過去には金銭トラブルも】デヴィ夫人 「新CM会見」常識破りの「猫耳大サービス」
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
『27時間テレビ』で存在感を示した霜降り明星・粗品(時事通信フォト)
“炎上男”霜降り明星・粗品への賛否 コンプラに縛られるTV界で「自由に暴れ回れるのは彼だけ」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン